MENU

廃車の解体費用はいくらくらいかかるの?

 

自動車の解体費用ってあまり知られていません。

 

何故なら大体はディーラーの下取りに出したり、買取店で売ったりしてしまうケースがあるので、解体費用はほとんどの方が知りません。

 

それでは実際解体費用はどれ位かかっているのでしょうか?

 

実は解体費用というのは1円もかかっていません

 

2018年の現在でも鉄の値段が付いているので解体業者は解体費用を取らずにむしろお金をくれます

 

大体いくらか知りたい方はこちらのページでご紹介しています。
⇒廃車買取時の鉄の値段

 

 

なので、新車など車を買い替える場合であれば普通ですと、車の販売店が値引きという名目で0円で下取りをしてくれます。

 

この場合、販売店が車の解体費用を支払ってくれると思いがちですが、電話1本で解体業者が車を取りにきて、その場で解体業者がお金を払います。

 

大体排気量の大きさによって金額はわけられています。

 

よくある廃車無料で引き取ますや、ガソリンスタンドでも持込1万円で買取ますというのも大体解体業者がに流しています。

 

中でも普通の業者専用の車オークションに出した方が高く売れる場合がある車はオークションに出して、値段がつかなそうな車は解体業者に出して鉄の値段を貰うという感じです。

 

解体の買取業者は安い業者から高い業者までピンきりあります。

 

他にも知っておいた方が良いこととして自動車を解体すると戻ってくる税金があるのです。

 

自動車税と重量税と自賠責保険還付金は月割りで計算されています。

 

ですから時期によって、早めに解体することで戻ってくるお金も高くなるのです。

 

期待するほど大きな金額にはならないかもしれませんが、廃車無料とかで引き取ってもらう場合はこういう還付金の話をしてみた方がいいです。

 

注意したいのは車検が切れる前に行うという事です。

 

重量税や自賠責保険は車検ぎりぎりまで乗ってからだと間に合わないケースもあります。

 

 

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

車関連の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

廃車買取の口コミ

このページの先頭へ