事故した車を廃車にする時の判断基準は?

事故を起こした車を廃車にするべきかどうかは、基本的には修理費に左右されます。

 

修理費が高く付く可能性がある時や、修理した車に乗るリスクを考慮すれば、廃車にする方が望ましい事もあります。

 

廃車でも修理でもお金はかかる

事故を起こした車を廃車にすれば、お金はかかります。

 

後述しますが、解体費や運搬費などを支払う訳です。

 

しかし車を修理する時も、やはりお金はかかります。

 

修理業者に依頼する事になるからです。

 

 

車の修理に対する保険金

車を持っている方々は、しばしば自動車保険に加入しています。

 

上述の修理費用に対しては、保険金がおりるのです。

 

その保険金を考慮すれば、修理費用がそれほど高く付かない事もあります。

 

 

廃車と修理のどちらがお得か

その保険金などを考慮すると、かえって修理の方が良い事もあります。

 

少々極端な例ですが、車を修理した時の合計費用は2万円程度だとします。

 

それに対して廃車が4万円なら、修理する方がお得であるとも言えます。

 

その逆もあります。

 

廃車は3万円程度ですが、修理費用が10万円ならば、廃車の方が妥当だと判断できます。

 

つまり損得を基準に、廃車にすべきかどうかを判断する訳です。

 

 

あまり保険がおりない事もある

上述の保険金がおりると言っても、実際にはそれほど大きな金額にならない事もあります。

 

車の年式が古い時などは、保険金での修理は厳しい事も多いです。

 

かえって廃車にする方が、お得な事もあります。

 

 

修理した事故車に乗るリスク

また修理した車に乗るのは、リスクもあります。

 

後述しますが、万が一のトラブルもあり得るからです。

 

それよりは、むしろ車を廃車にして、買い替えにする方が良い事もあります。

 

事故した車を修理して乗る時の考えられるデメリットは?

事故を起こした車を修理するデメリットは、主に2つあります。

 

車の音などの問題点と、その車に乗っている時の気持ちです。

 

 

修理をすれば乗る事は可能

確かに車が事故を起こしても、修理によって対応できる場合があります。

 

そもそも事故といっても、あまり大した事が無いケースもあります。

 

軽く車が衝突した程度なら、特に大きなダメージも無いので、問題なく乗れる事もあります。

 

 

修理した車からの音などの問題点

しかし修理した車も、完璧な状態になっているとは限りません。

 

専門業者が修理しても、走りが微妙だと感じられる事もあるのです。

 

例えば足回りからの音です。

 

車を運転していれば、時には段差がある場所を走る事もあります。

 

修理済みの車ですと、段差がある場所では音が気になってしまう事も多いのです。

 

何となく足回りがきしんでいる音が聞こえてくるケースも、たまにあります。

 

車に後遺症が残っている状態になるのです。

 

足回りに限らず、様々な問題点を実感するケースはよくあります。

 

 

修理済みの事故車に乗っている時の気持ち

それと、気持ちの問題があります。

 

やはり事故を起こした場合、通常とは状態が異なります。

 

上述のように、足回りから音が聞こえてくるのは、あまり正常な状態だと感じられないものです。

 

実際には、足回りから音が聞こえてきても、特に問題無いケースも目立ちます。

 

しかし音が聞こえてくる事で、「何となく事故車に乗っている」気持ちになってしまう方も多いです。

 

 

事故車を廃車にする時に費用はどれ位かかる?

事故車を廃車にするのは、お金はかかります。

 

その具体的な費用は、車の状況次第です。

 

基本的には、車のタイプに左右される傾向があります。

 

 

解体を依頼する費用

廃車にする場合は、車を解体しなければなりません。

 

もちろん自分で車を分解する事はなく、専門業者に依頼する訳です。

 

どれぐらいの費用になるかは、業者によって異なります。

 

最低でも1万円ぐらい見ておく方が良いでしょう。

 

高ければ2万円ほどかかる事もあります。

 

 

レッカーによる運搬費用はどれぐらいか

事故が起きると、車の自走が難しい事もあります。

 

このためレッカーを使用して、車を運搬してもらう事になるのです。

 

運搬を依頼するなら、やはり費用を支払う事になります。

 

具体的には、最低5,000円ほどは見ておく必要があります。

 

高くても1万円前後です。

 

 

リサイクルに関する料金

また廃車にするなら、リサイクル料金もあります。

 

その料金の具体的な数字は、車のタイプに左右されるのです。

 

具体的には3つのタイプがあり、軽自動車と普通自動車と外車です。

 

軽自動車のリサイクル料金は一番低く、8,000円になります。

 

そして普通自動車は1万円です。

 

一番高いのが外車で、2万円を支払う事になります。

 

ただし平成17年以降に購入した車は、廃車の際にその費用を支払う事はありません。

 

車を購入する段階で、リサイクル料金を支払っているからです。

 

 

廃車は合計何円ぐらいになるか

以上の数字を合計すると、廃車に関する費用は最低14,000円前後になります。

 

軽自動車を廃車にするなら、それぐらい低い料金になる訳です。

 

しかし外車などを廃車にするなら、4万円ほどかかる事もあります。

 

やはり外車はリサイクル料が高めなので、合計費用も高くなる傾向があります。

 

 

事故車を高く売る方法は?

事故車を高く売るためには、相場は調べておく方が良いでしょう。

 

それと業者選びも大切なので、一括査定などのサービスを活用して、各業者を比べてみるのがおすすめです。

 

 

業者が提示してきた金額は高いのか

事故車を売るなら、専門業者に依頼する事にはなります。

 

業者に事故車の状態を見てもらい、査定額を算出してもらう訳です。

 

ただ問題は、査定額が高いかどうかの判断です。

 

例えば専門業者に車を見てもらった結果、査定額は9万円である伝えられました。

 

問題は、その9万円は高いか否かです。

 

もしかすると、その車は12万円などで売れる可能性もあるのです。

 

 

相場を知っていれば査定額を見極めやすくなる

事故車の査定額の相場を知っていると、上記の金額の妥当性も分かります。

 

相場とは、査定額の平均値です。

 

例えば複数の業者に車の状態を見てもらい、査定額は15万円と18万円と21万円だと伝えられました。

 

もちろんその3つの平均値は、18万円になります。

 

この18万という数字が、査定額の相場に相当する訳です。

 

この場合、上述の12万という査定額は、やや低めであると判断できます。

 

複数の業者の平均値よりは低い訳ですから、12万で売るのは損になってしまう可能性があります。

 

高く売りたい時は、事故車の相場を知っておく方が有利です。

 

後述する一括査定などを活用すると、相場を調べる事もできます。

 

 

各業者の価格を比べて高く売る

事故車買取の価格は、業者によって異なります。

 

業者により価格が異なる理由は色々ありますが、車の在庫状況や専門知識などがあります。

 

車を高く売りたいなら、やはり高い査定額を提示してくれる業者がおすすめです。

 

複数の業者を比較してみて、一番高い所に売るのが良いでしょう。

 

いわゆる相見積もりを行ってみる訳です。

 

 

相見積もりは一括査定が便利

一番おすすめの方法は、一括査定です。

 

WEBで依頼できる査定のサービスですが、一度に複数の業者に依頼できるのが特徴的です。

 

一括査定サイトで車の色々な情報を入力すれば、複数の業者から連絡が来て、出張査定を行ってくれます。

 

わざわざ1社1社に連絡する必要も無いので、とても効率的です。

 

それで複数社の価格を比べてみて、一番高い業者に売却すると良いでしょう。

 

 

一括査定で相場を調べてみる

また一括査定は、相場を調べる為に活用する事もできます。

 

そもそも一括査定を依頼したからと言って、必ず事故車を売却する訳ではありません。

 

とりあえず査定額だけ知りたい時でも、問題ありません。

 

そして一括査定を依頼してみれば、事故車の査定額の平均値も分かります。

 

相場を知りたい時も、一括査定を活用してみると良いでしょう。

 

 

 

 

事故車や事故修復歴車となるとどのくらい買取査定額に影響するのでしょうか?

 

一般に言われるように事故を起こした車を事故車と呼ぶわけではありません。

 

私たちは普通そういう言い方をしているのですが、事故車というのは査定の世界で用いられる言葉なのです。

 

ちょっと当てたくらいのものでは事故車とは言いませんし、車の強度に影響のあるような部位を修理した車を事故車、あるいは自己修復歴車と呼んでいるのです。

 

事故車となると当然なのですが、車としての価値は著しく下がります。

 

もちろん買取査定にも影響してくるでしょう。

 

一頃ではこのような自己修復歴車というのは買取や下取りはしてもらえず、乗りつぶすしかありませんでした。

 

現在も下取りはできないということが多いのですが、買取専門の業者では事故車であっても買取をしてくれるところが増えてきました。

 

これは部品取りなどで活用できること、さらには事故車でもいいから乗りたいという需要があることなどがあげられます。

 

これはカーオークションなどがそうなのですが、需要があるから当然買取ができるというわけです。

 

さらに海外への輸出もありますから事故車であっても走行に全く問題がなければ、事故車ではない車と比較すると査定価格は落ちてしまいますが、事故車であっても買取可能ということになるのです。

 

事故車の場合はその修理した部位によっても査定額が変わってきます。このあたりは一般の人では判断できない部分です。

 

ですから、そのような場合はネットの一括査定サイトで査定額を提示してもらう方法が便利です。

 

 

事故車であることがわかっていて、それが後からバレたときはどうなるの?

事故車であることを事前に申告して買取査定あるいは下取り査定をしてもらえばいいのですが、事故歴のある車であることを事前申告しない場合もあるでしょう。

 

ついつい言いそびれたということもあるかもしれません、事故車であるという認識がない、あるいはそういったことは言わなくてもいいと思っている場合もあるからです。

 

そのような場合でも査定士が車を見れば事故歴のある車かどうかというのはわかります。

 

 

ですから、事故歴のある車を通常の査定価格で買い取りあるいは下取りをしてくれるというのは本来では考えられません。

 

それでも、後から事故歴のある車だとばれてしまって査定額の差額の返還要求をされたという例があります。

 

これは悪徳な業者の場合ですし、そのときに事故車であることが見抜けなかったのだから、という言い分もあるでしょう。

 

それでも事故歴のある車ということを黙っていた、あるいは事故歴がないと言った場合では詐称の罪に問われることもあるようです。

 

ですから後からトラブルにならないように、事故歴のある車ということは事前にしっかりと申告しておいたほうがいいでしょう。

 

言った言わないということでトラブルになるようなこともないとは思いますが、契約書などに「事故歴あり」など一筆書いてもらう方法もあります。