廃車の解体費用はいくらくらいかかるの?

自動車の解体ということですが新車を買う都度車を下取りや買取にしてもらっている場合では縁がないものです。
それでも、長い年月同じ車を乗っていて、かなり年式が古くなってくると下取りや買取にしてもらうことが到底かなわずに逆に解体するのに費用を請求される場合もあるのです。

 

新車など車を買い替える場合であれば普通でしたら、車の販売店が値引きという名目で0円で下取りをしてくれます。(この場合、販売店が車の解体費用を支払ってくれると考えていいと思います。もっとも十分稼働する車であれば海外に売られる場合もあります。解体というのは書類上で海外に売られていることもよくあると考えてもいいでしょう)

 

解体の買取業者は安い業者から高い業者までピンきりあります。
知っておいた方が良いこととして自動車を解体すると戻ってくる税金があるのです。
自動車税と重量税と自賠責保険還付金は月割りで計算されています。ですから時期によって、早めに解体することで戻ってくるお金も高くなるのです。

 

期待するほど大きな金額にはならないかもしれませんが、解体を決意した場合は早めに買取業者を探す方が良いと思います。
注意したいのは車検が切れる前に行うという事です。車検ぎりぎりまで乗ってからだと間に合わないケースもあります。
車検が切れてしまうと公道を走れないので解体業者に引き取りに来てもらわなければいけません。
そのときは当然レッカーとなります。その費用も1万円程度かかりますので必ず車検を迎える少し前には解体を依頼するようにします。ちょっとしたことで大きくお金を損しないように気をつけましょう。