MENU

ヴォクシーの20万km以上の廃車買取相場について

20万km以上走っているヴォクシーの相場情報です。
業者のオークション相場から逆算して算出しています。

 

平成18年式、型式(AZR−65G)のZ煌の走行距離203,044kmが買取査定を使えば5万円〜10万円はつくと思います。

 

こちらは、平成20年、型式(DBAーZRR75W)のグレード(Z)の走行距離が227,103kmは買取価格30万円〜35万円が妥当です。

 

その他の20万km以上走っているヴォクシーの相場は以下の通りです。

ヴォクシーの20万km以上の廃車買取相場

年式

型式

グレード

走行距離

金額

平成17年

CBA-AZR60G

Z

229,000km

11.5万円

平成18年

DBA-AZR60G

X

パール

218,000km

13.5万円

平成19年

DBA-AZR65G

Z

パール

202,000km

16万円

平成21年

DBA-ZRR70W

Z

243,000km

59万円

 

20万km以上走っているヴォクシーでも値段がついているので、これより距離が低いヴォクシーならもっと金額がつきます。
外装や内装が多少ひどくても値段はつくので、廃車で無料とか、低い価格で処分しようとしているなら損をしている場合があります。
下記で簡単に一番高いヴォクシーの買取金額が調べられるので、廃車にする前に一度試してみた方が良いです。

 

 

⇒ヴォクシーが高く売れる廃車買取査定はこちら!


 

ヴォクシーの廃車買取で高く売る方法について

廃車を売りたい場合に、買い取ってくれる業者さんを探すわけですが、廃車の買取価格というのは業者ごとに査定基準が違っていて、同じ車でも買取価格が大きく違ってくることもあるのですね。

 

ですので、1つの買取業者だけに問い合わせるだけでは、たまたま当った業者が査定額が低くて損をするというようなこともありうるので、できるだけ多くの業者にあたって相場も知った上で、有利な業者を選びたいものです。

 

 

けれども、一つ一つ業者に問い合わせるのは時間もかかり面倒な作業になるでしょう。忙しいときは無理かもしれません。
ところが、インターネットには無料で車買取一括査定ができるサイトがあるのですね。
車種、走行距離など短時間で入力できる情報をフォームから送信するだけで、多数の会社から見積もり査定が届くといった仕組みです。
そういった廃車買取一括査定を使えば、大した手間をかけずに多数の会社の査定が手に入れられ、じっくり比較して条件の有利な業者を選ぶことができるので得だと思います。
また登録している廃車業者は比較されることを知っているわけですから、選んでもらうためには低い買取額を付けるわけにはいかないという、いわば競争原理が働くので買取額が高くなる、ですので、こういう一括査定を使えば、より高く売れるということが期待できるんです。

ヴォクシーについて

トヨタヴォクシーは7〜8人乗りの人気ミニバンです。

その人気はなんといってもそのフォルムで2014年にフルモデルチェンジしたフォルムは今までの曲線的なフォルムを一新し、所々角ばった直線的なフォルムをしています。
ライト周辺は特に直線的なイメージが強いです。そして、2014年のフルモデルチェンジではハイブリッド車もお目見えして、ガソリン車、ハイブリッド車両方選べるようになりました。
パンフレット上ではガソリン車はリッター16キロ、ハイブリッド車はリッター24キロとなっていますが、実際の燃費もパンフレットの値に近くなっています。
色も人気のパールホワイト、ブラックといった定番色からアゲハ色といって光の当たり具合で変色する色をオプション色として採用しています(パールホワイトのオプション色)。走り心地も非常に良く、ハイブリッド車ではエコモードやEVモードといった燃費を配慮したモードも存在しているのでパワフルな走りを期待する人とエコを気にする人双方に対応しています。

 

ヴォクシーのいいところ

ヴォクシーは、2014年のミニバン販売台数NO.1の車です。
乗りやすい、かつ荷物も詰め込みやすく、何処に行くにも使いやすい仕様となっています。
大きな荷物も詰め込みやすいですし、荷物をたくさん詰めることも可能です。
また、床下収納もあります。
高さのあるものやスーツケースなどをしまう際に大活躍します。
足元に余裕もあるので、乗っていて窮屈さを感じることもありません。
中の移動も自由自在ですし、着替えなんかも出来てしまいます。
汗をかいたり寒いときでも簡単に着替えられるのです。
ボディカラーは、シルバーメタリックやオーシャンミントメタリックなど7種類あります。
メーターは、明るい昼間でもくっきりと見やすい仕様になっています。
また、エアコンは席によって温度設定が可能となっています。
熱がりな人も寒がりな人も、これで安心です。
携帯やスマホを置くだけで充電できる充電エリアもあるので、わざわざケーブルを接続しなくてもいいのが便利ですね。

 

売れに売れているヴォクシー

ヴォクシーは、売れに売れています。5ナンバーミニバンは、凄く人気のジャンルですが、日産セレナに続く販売台数を常にマークしています。
ヴォクシーは、現在三代目になり、更にかっこよくなっています。初代に関しては、反町隆さんが宣伝に起用される等、とにかくかっこいいというイメージを作り出そうとしていました。そのイメージは、現行の三代目になり、確立されたように思います。
また、三代目は、ようやくハイブリッドエンジンを搭載する事になりました。最近では、トヨタのお家芸になっており、このハイブリッド搭載によって月間販売台数でセレナを抜く月も出てきています。ヴォクシーは、明らかに若いファミリー層をターゲットにしています。広い室内空間や運転のしやすさ等により、今後もセダンからの乗換えが続くのではないかと予想されています。
中古車市場でも先代モデルの人気は高く、下取りのリセールバリューも特徴です。ちなみに、ノアは、ヴォクシーの兄弟車種です。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車にならない為の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

このページの先頭へ