MENU

所有者がディーラーやローン会社の車を廃車買取に出す場合

乗らなくなったあなたの愛車。

乗らないのに毎年自動車税を払い続けるのは勿体無いですよね。

 

毎年の自動車税を止めるには、車を処分するのが有効な手段となりますが、車検証の所有者が自分でない場合は、処分する手続きが少し違います。

 

車検証の所有者の欄がディーラーやローン会社等、本人でない場合、「所有権解除」という所有者を自分に変更する作業が必要となります。
(ローンなどで購入されている場合は、完済されている事を前提とします)

 

 

 

所有権解除のためには以下の書類が必要です。
・譲渡証明書
・委任状
・印鑑証明

 

譲渡証明書は、元所有者が新しい所有者(自分)に変更することを許可する書類です。
これには印鑑証明と同じ実印または代表者印の捺印が必要です。

 

委任状は車検証の所有者を変更する作業を買取業者などの所有者以外の人がが行うことを委任する書類です。これには印鑑証明と同じ実印または代表者印の捺印が必要です。

 

印鑑証明書はこれらの書類に捺印された印鑑が正しいことを証明する書類です。

 

これらの書類はディーラーや、ローン会社に所有権解除の書類取寄せを依頼をすれば取り寄せることが可能です。

 

これらの書類が揃えば、後の廃車手続きは通常のものと同じです。

 

そして、これらの作業が難しいな。と思われた方もいらっしゃると思います。
最近ではこれらを代行する廃車引取サービスや廃車相談サービス等もあり、これらを利用して比較的に簡単に廃車にすることも出来ますので是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

廃車買取の手続き方法は状況次第で

所有者がディーラーやリース会社の車を廃車買取に出したいと思っているなら、まずはどの方法で行えるのかを知ることが大切になります。

 

基本的に方法としては2つ存在し、1つは名義を自分に変えてから廃車をする方法です。

 

所有者を自分名義に変えることによって、廃車を自由自在に行えるようになります。

 

これを利用することで比較的簡単に配車が可能となりますが、色々な手続きで時間がかかってしまう問題はあります。

 

また納税証明やローン完済などの証明書も必要となります。

 

もう1つはディーラーやリース会社に廃車を依頼することです。

 

この方法は名義を変えることなく手続きを行うことができますし、提出する書類もそんなに多くありません。

 

場合によっては提出しなくても廃車を行うことができます。

 

この場合廃車費用が必要となるケースが多く、どうしても金銭面での負担は大きいです。

 

また廃車証明を貰わないと、税金の支払いを続けることになってしまうので注意してください。

 

基本的に廃車をディーラーの人にお願いして、証明書を貰う方法が一番簡単だと思います。

 

ただ自由に廃車を行いたいと思っている場合は名義変更をした方がいいかもしれません。

 

自分の名義にすれば一括査定を受けて売却なんてことも出来るので、色々な方法で車を手放せるようになります。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車にならない為の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

このページの先頭へ