MENU

普通車の廃車買取に必要な書類について

そろそろ車の買い替えをしたい、もう乗らない自動車がガレージにある、相続で自動車を引き取る場合もあるでしょう。
自動車はたとえ走行をしない場合でも、ナンバープレートが付いたままの状態にしておくと課税対象になります。不要な場合は、廃車」手続きを済ませておきましょう。
ありがちな勘違いとして、車検の期限切れと廃車を混同してしまう場合があります。たとえ
車検が切れていても、ナンバープレートが付いたままでは課税対象となりますので覚えておきましょう。

 

普通自動車の廃車手続きには2通りの方法があります。まず1つ目は、廃車にするつまりは自動車を解体して処分するという方法。もう1つは、解体はせずにナンバープレートの返納をし、一旦は公道を走行できない状態にしつつ、今後再度利用する可能性がある場合の手続きです。
いずれの方法で廃車にするかによって、必要書類、手続きも異なりますので事前に決めておきましょう。

 

普通車を解体し、永久抹消する場合の必要書類

この場合、必要となる書類は、下記の通りです。

 

○車検証
一般的には車内で保管されていますが、もし紛失している場合や期限がきれている場合には別途再発行の手続きを済ませておきましょう。

 

○ナンバープレート
前後2枚共に陸運局へ返納が必要になります。
解体完了後に業者から受け取り、保管しておきましょう。

 

○使用済自動車引取証明書
自動車を引渡した際、引取業者から交付されます。「使用済自動車引取証明書」に記載されているリサイクル券番号(移動報告番号)の記入が必要となります。

 

○解体証明書
自動車を業者で解体し、解体完了を業者によって証明してもらう為の書類です。解体業者により発行されます。
○申請書
この用紙は、陸運局の用紙販売所で購入します。自動車の廃車手続きに陸運局へ行った際に現地で当日購入が可能です。
所有者本人が申請する場合は、実印を押印します。

 

○印鑑証明書
所有者本人のもの、発行後3カ月以内のものを用意しましょう。

 

○手数料納付書
この用紙は、陸運局の用紙販売所で購入します。自動車の廃車手続きに陸運局へ行った際に現地で当日購入が可能です。

 

○自動車重量税還付申請
自動車の廃車手続きに陸運局へ行った際に現地で当日入手が可能です。
還付(払い戻し)がある場合には、受け取り口座の記入が必要となります。

 

○印鑑
使用者が個人の場合は印鑑もしくは署名。法人の場合は代表者印または署名が必要となります。
所有者と使用者が異なる場合は、所有者の印が必要となりますので、事前に書類への押印を済ませておきましょう。

 

○住民票
車検証、住民票、印鑑登録証に記載の住所が異なる場合には、住民票の住所を証明するための書類が別途必要となります。

 

○委任状
業者や第三者に廃車の手続き代行を依頼する場合、車検証記載の所有者の実印を押印し作成した委任状が必要となります。

 

普通車の利用を一時的に停止する場合の必要書類

 

長期出張や今は利用予定はないものの、後利用を再開する予定がある場合や中古車として譲渡する場合には、この「一時利用停止」の手続きを行いましょう。

 

この場合に必要となる書類は、上記の書類のうち「使用済自動車引取証明書」「解体証明書」を除いた書類です。
登録上の「廃車」手続きを済ませる事で、課税対象ではなくなるので、未使用期間中の節税につながります。

 

 

 

 

普通車の廃車手続きの口コミ

泣く泣く手放したランドクルーザープラド。

私は30歳会社員です。私は21歳から9年乗り続けたランドクルーザープラドを最近手放しました。流石に9年間自分の趣味と共に過ごしてきたので手放す決心をするまでに時間がかかりました。

手放すきっかけ

きっかけは、家族が増え、小さい子供がいるので、ファミリーカーに乗り換えがきっかけでした。私は今の車をずっと維持していくつもりでしたが、リフトアップをしていたので、子供の乗り降りが大変なのと、税金が年に約¥60,000、車検等維持費が高く、ディーゼル車だったため都内に入れないとの理由から、渋々乗り換えに至りました。

 

どのように処分したか

少しでもお金になればと、乗り換えを決めてか買い取り業者に査定を頼みました。車の状態は、平成9年式、走行距離約160,000キロで細目にメンテナンスをしていたので、走行上は全く問題はありませんでした。唯一エアコンベルトのテンショナーがダメで、エアコンが聞きませんでした。外装はオフロード走行していたため、大きなへこみ、傷は無かったのですが、小傷はそれなりにありました。他、車庫管理では無かったのでボンネットの色飛びがありました。内装はパネルまわり等色あせもなく綺麗な状態でした。ネットで調べたらまだ査定が付きそうだったので、早速買い取り業者に来てもらい査定をしてもらいました。買い取り業者によって金額がバラバラで、自分の予想金額よりも大幅に上回った為凄く驚きました。自分の予想だと¥150,000位だと予想していたのですが、査定金額一番高い所で¥530,000でした。査定が高かった理由が、状態が良いためまだまだ国内でも小売り出来るのと、ディーゼル車の為、海外での需要が有るとの事でした。

 

処分の手続き

自分が頼んだ買い取り業者は名変等にお金がかかるとの事で、自分で名義変更(抹消)して車を渡す事にしました。その時に大変だったのが、当時オートローンを組んで購入したため、車の所有者がローン会社になっていました。いわゆる所有権と言う物です。てっきり、ローン払い終わってれば勝手に外れるのかと思っていたのですが、所有権を外すのには手続きが必要で、ローン会社から所有権解除の書類をもらったり等、名義変更(抹消)するまでに時間と労力がかかりました。その他、名義変更(抹消)する際に作成する書類が多く、記入漏れ、間違いもあり窓口で何回も書き直しさせられました。結局終わってから考えるとお金を払ってでも業者にやってもらうべきでした。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車にならない為の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

このページの先頭へ