MENU

自動車税を滞納してても廃車に出来るの?

廃車を考えている車は長いこと乗らなかったり、うっかりしていて自動車税を滞納をしていることがかなり多いようです。

 

そんな時に知っておくとお得で便利なことがいくつかあります。

 

自動車税を滞納をしていても廃車することはできますが、手続きをして滞納分の自動車税を納めます。

 

手続きの仕方は、自分で廃車をする場合は、陸運局へ行って手続きをしますが、陸運局の近くには自動車納税事務所がありますから、陸運局へ手続きに行ったついでに滞納分の自動車税を納めてくると便利です。

 

また、廃車の手続きを業者に任せた場合は業者が手続きをしてくれます。業者に依頼してから2、3ヶ月後に市町村役場から納付書が送られてきますから、その納付書に記載されている額を納めるようになります。

 

納付書には4月から廃車した月までの延滞金を含めた納税額が記載されていて、廃車の手続きが遅れれば遅れるほど延滞金が増えて納税する額が高くなってしまいます。

 

 

廃車をしても滞納分の自動車税の請求書は来るの?

たとえ廃車をしてすでにない車であっても廃車の手続きをしないでおくと、毎年市町村役場から自動車税の請求が来ます。

 

もう乗っていない車だからと言って、払わないでいると延滞税がかかってきますから無視することができません。

 

 

自動車税を滞納すると延滞金はどれ位取られるの?

廃車をして乗らない車の自動車を払うなんてもったいないような気がしますが、払うのが遅れれれば遅れる程高額な延滞金がかかってしまいます。

 

延滞金の額は自動車税の額によって違ってきますが、高級な車ほど自動車税が高額なため、その分延滞金も高額なものになります。

 

自動車税の延滞金の計算の仕方は、納付期限の5月31日の翌日の6月1日から全額納付されるまでの期間に滞納した税額に対して年9.0%の割合で計算された額が延滞金として請求されます。

 

廃車の場合は、滞納した日から廃車の手続きを行った日までです。

 

従って、滞納をすると自動車税+延滞金を払うようになります。

 

 

 

自動車税を滞納してると差し押さえをされる?

たとえ廃車をしても廃車の手続をもしないで放っておいたり、また、廃車の手続きをしても、請求がきていた自動車税を納めないでいると差し押さえの措置がとられます。

 

年間数万円程度の自動車税ですが、滞納すると税金未納の扱いとなりますから、最終的には財産の差し押さえという事になります。

 

 

差し押さえられる期限はどれ位あるの?

自動車税の納付期限は、青森県と秋田県を除く県で、毎年5月31日と決まっています。

 

そのため、6月1日から滞納とされて督促状がきます。

 

滞納して差し押さえされるまでの期間は早い自治体では4ヶ月経った10月ごろに差し押さえが始まります。

 

自動車税を滞納してから、差し押さえまでの流れは、まずは督促状が来るようになり、それでも納付しないでいると電話かあるいは職員が家に来ることもあります。

 

いずれにしても、差し押さえの前には「差し押さえ予告書」が送付されてきますから、納めてしまった方が無難です。

 

差し押さえがされるまでの期限他やり方は各都道府県によって多少の違いがありますが、今は自動車税を滞納する人が増えてきて、今まではなかなか差し押さえを行わなかった自治体も、自動車税の回収率を上げなければならず、あまりやらなかった差し押さえも、悪質なものは差し押さえをする自治体も増えていると言います。

 

従って、滞納をしていると差し押さえをされる可能性も十分ありますから、もし、どうしても自動車税を払うお金が無かったら、お住まいの自治体の税務課に相談してみてください。分納などの措置をとってくれるはずです。

 

 

差し押さえられてしまうのはどういう物?

差し押さえの物件は、給与や預金口座、あるいは車です。

 

給与を差し押さえられた場合は、勤務先に「債権差押通知書」が送付されて、給与から健康保険や年金、雇用保険などを引いた金額の4分の1の額が差し押さえられます。

 

勤めていなくて給与がない場合は、預金口座が差し押さえられます。

 

預金口座が差し押さえにあうと、その銀行でのローン審査だけでなく他の銀行のローン審査にも影響が出てきます。

 

そのため、住宅ローンなどを借りようと思っても借りられなくなることがありますから、ローンを組む予定のある方は注意が必要です。

 

また、勤めていなくて給与もなく、預金もない場合は通常は車を差し押さえられますが、廃車をして車がない場合には、生命保険や株式、あるいは投資信託や建物などが差し押さえられます。

 

それらの物もない場合は、時計や宝石など何らかのものが差し押さえられますから、自動車税の納付は絶対逃れられないものと思ってください。

 

ちなみに、車が残っている場合は、運手席のドアにマグネットシールを貼られるとか、ドアミラーに金属ワイヤを取り付けるミラーズロックやタイヤロックなどがされます。

 

シールをはがしたりワイヤを切断するなどをすると、刑法で処罰されますから、自動車税の滞納は金額の割には大きなデメリットとなります。自動車税の滞納は極力避けてください。

手間暇かけずお金もかけずにお得に車を廃車する方法

車を廃車するときに知っておきたいのが「廃車買取業者の利用」です。

 

廃車買取業者に廃車を買取ってもらえて、廃車の手続きや廃車料金も業者が出してくれますから自分で負担する必要がないというお得さです。

 

廃車買取業者利用するメリットは大きく、次のようなものがあります。

  • 動かない車や下取り査定0円の車を高価買取
  • 今までは、廃車と言えば廃車料を払って廃車をしていましたが、廃車買取業者に出すと動かない車でもそれなりの高額な金額で買取ってもらうことができます。
  • 永久抹消登録・解体抹消、税金の還付手続きなどの手続きも無料で代行
  • 車を自分で持ち込まずにすむ

動かない車は廃車買取業者がレッカー車で運んでくれるなど、廃車買取業者を利用するメリットは大きなものがあります。

 

 

どうして廃車を買取ってもらえるの?

動かなくなった車や、あまりにも古い車は乗る人がほとんどいません。

 

それなのになぜ、廃車買取業者は買取れるのか不思議に思われるかもしれませんが、そのシステムがわかれば納得します。

 

日本車は高性能で世界的にも評価が高く、事故車のままであっても世界中にはほしいという人がたくさんいます。

 

また、動かなくなった車から部品を取って販売することもできます。

 

例えば、事故や故障で車が動かなくなった時、その車が生産が中止になっていれば部品がなく修理ができずにお手上げです。

 

そんな時に動かなくなった車から部品を取り出して活躍します。

 

昔なら考えられないシステムですが、インターネットの情報網が発達していて部品に困ったら、どの車がどこにあるかすぐわかるようになっていますから困ることがありません。

 

そのため、廃車買取業者は動かなくなった車や、どうにもならない古い車を買取っても商売が成り立つのです。

 

 

廃車買取業者を探すのはどうするの?

ディーラー下取りよりも断然お得!手続き・レッカー代など廃車にかかる費用は全て無料!全国対応引取り完全無料 ・ 面倒な廃車の事は全て代行 ・ 廃車買取りNO1宣言などなど、お得さを謳った全国チエーンの廃車買取業者がたくさん存在しています。

 

さらに愛車の相場を無料一括査定のサイトもあり、お得な廃車買取業者をネットで簡単に探すことができます。

 

過去の日本の山中には、廃車料金を惜しんで動かなくなった車の不法投棄がたくさんあり、国でも頭を痛めていました。

 

しかし、廃車買取業者が存在するようになった今では、廃車の不法投棄がほとんどなくなっています。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車関連の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

廃車買取の口コミ

このページの先頭へ