ディーラーで廃車買取はできるの?

これについては可能です。ディーラーでも廃車の手続きや買取も可能です。
買取に関しては、車両購入時だと大幅に値があげれるというメリットがありますが、何もないときに、ただ廃車を買い取ってほしいという依頼だと0円だったりだということもあります。
ディーラーも買取後輸出業に売ったり、素材として活用する企業に売ったりするためです。
素材として自動車を売ると数万円にはなるのですが、これに対しての手続き等で人件費でほぼ儲けがでることがないからです。
なので、ディーラーとして廃車買取等は可能ですが、価値のある車以外は本当に少額であるか、逆に廃車費用として請求されることもあるでしょう。
しかし、車の購入時なら話が変わってきます。車を買うということはそこでディーラーマージンが発生しているので買取金額も大幅にあげることができます。本当は買取金額が0円なんだけど10万円つけます、といった交渉事も可能になります。

 

 

 

 

 

ディーラーの廃車費用の相場について

上記の通りディーラーでの廃車費用は大変渋い物と思われます。
価値のある車であれば十分な値段で中古車市場として車を流すことことが可能なので十分な価値をつけることが可能ですが、
下取りの価値のない車だと上記の通り人件費等でトントンやマイナスといったことも発生するので、逆に廃車手数料として費用を数千円〜数万円支払うという可能性があります。
大体の相場は、普通車ですと2〜3万円ぐらいです。

 

ディーラーの廃車のメリットとデメリット

ディーラーの廃車のメリットはないのだろうか、というとそんなことはありません。
それは面倒ごとがないということです。ディーラーは車の取り扱い、手続きのプロですので基本的に手続きはほぼ自動的にしてくれるようになります。
さらに、不動車などでは自宅から動かすことができなかったり、車検が切れて自走ができないといった状況でも、ディーラーには積載車という車を詰めるトラックが用意されていることも多いですので対応をしてくれます。
これを個人でレンタル等でやろうかとおもったら廃車費用と同等レベルの金額が必要となりメリットがほぼなくなります。
こういう面倒ごとを一手に引き受けてくれるのがディーラーの最大のメリットです。
逆にデメリットももちろんあります。
それは、金銭的にはメリットが全くないということです。
ディーラーの人や機械を動かすので当然そちらにお金が発生するわけで、必然的に自分へ回ってくるお金は少なくなります。
さらに、面倒な手続きを自分でやならいといけなくなります。廃車証明等も自分で用意し、廃車業者を見つけたりするのも自分です。
もし、不動車や車検切れ車などでは臨時ナンバーなどを借りる必要もでてくるわけです。それには自賠責も払わないとダメですし、役所での手続きも必要です。
更には、不動車の場合、牽引等で持っていかなければならないことも多く、人手も必要ですし、引っ張る側の車も必要となってきます。
そのかわり、金銭的にはかなりのメリットがあります。マージンとして取らないとマイナスになってしまうディーラーと違い、個人で動けますので自分が動く場合はその分の人件費はゼロです。
他人になると人件費を支払う必要もあるかと思いますが、そこは友人価格等うまくつかうことによって抑えれると思います。車を素材として出すと数万円はもらえます。
素材として売るのです。それをやりくりし、そこまでの自走手段や手続きなのどの書類の用意を面倒だと思わない人にはディーラーでの廃車はデメリットが多くなると思います。