MENU

そもそも廃車とは?

古くなった車は、処分が検討される事があります。

 

その際に道を走れなくする手続きが、廃車です。

 

それに伴い、所有権も破棄する事になります。

 

 

スクラップ業者に持ち込むだけでは廃車にならない

古い車を処分する際には、スクラップ工場などに持ち込むやり方はあります。車の鉄の部材などを、工場では買い取ってくれるからです。

 

ですが、仮に工場で買い取りを済ませたとしても、それで終了ではありません。廃車にしたいなら、他にもやる事があるのです。

 

 

車に関する保有権

そもそも自家用車には、必ず保有権があります。誰かの車を借りている訳でもありませんし、マイカーは自分名義になっている訳です。

 

家を購入すれば、必ず自分の保有物になるでしょう。

 

その家には保有権が存在する訳ですが、車も同様なのです。

 

 

保有権の抹消手続き

それで廃車にしたい時には、保有権の抹消という手続きを実行する必要があります。

 

自分名義でないように、保有権自体を消滅させる手続きが必要です。

 

公的機関で書類関連の手続きを行った上で、改めて抹消される事になります。

 

この抹消を行った上で、改めてスクラップ工場などに持ち込む手続きが、いわゆる「廃車」になります。

 

買取とは?

不要になった車は、売られる事があります。

 

売る手段も色々あるのですが、買取店が活用される事も多いです。

 

 

専門店に売却する手続き

それで買取とは、基本的には買い取りの専門店に売却する事を指します。

 

ディーラーに対する下取りとは、微妙に異なるのです。

 

下取りの場合は、あくまでも新車を購入する事が前提になります。

 

そのお店で新車を購入する事と引き換えに、車をディーラーに売却する手続きなのです。

 

しかし買取の場合は、何か新しい車を買うわけでもありません。あくまでも売却に限定されます。

 

 

名義の変更手続きをする

それで買い取りの場合は、名義が抹消する訳ではありません。車の名義は、別の所に渡る訳です。

 

そもそも自分が持っている車は、自分の名義になっているか、販売店の名義なのです。

 

買取を行った時には、その名義が別の所になります。今まで車を保有していた方の名義が、残留する訳ではありません。

 

Aさんが保有していた車が買い取り店に売却されると、一旦はAさんの名義でなくなる筈です。

 

そして別のBさんという方がその車を買った時には、Bさん名義になる訳です。名義の「抹消」ではありません。

 

この名義の変更を行った上で、買取店に売却をするという手続きが、買取になります。

 

 

廃車と買取の違いは?

買取と廃車は、どちらも売却をするという共通点はあります。

 

しかし、両者は全く異なる手続きなのです。

 

 

名義の抹消をするか否か

その2つの一番大きな違いは、名義の抹消手続きが発生するか否かです。

 

まず廃車という手続きの場合は、必ず抹消しなければなりません。

 

あらゆる車には保有権が存在する訳ですが、それ自体を消滅させる事になります。

 

なお、そのために公的機関での書類手続きが必要です。

 

しかし買取という手続きは、抹消しません。抹消というより、名義の変更をする事になるのです。

 

Aさんの名義からの変更手続きをして、別のBさんに渡る事になります。名義自体が消えている訳ではないのです。

 

この「名義が消えるかどうか」が、廃車と買い取りの大きな違いの1つです。

 

 

業者の違いもある

また廃車の場合は、スクラップ工場という業者に売却されるケースがよくあります。

 

使い込んだ車を工場に持ち込んで、売却手続きを行う訳です。

 

それに対して買取の場合は、買い取り専門店で手続きを行ってもらう事になります。

 

決してスクラップ工場で手続きをする訳ではありません。ですからどこの業者で手続きを行うかも、両者の違いの1つです。

 

 

廃車と買取に出すのを迷った時はどうすればいいの?

車を手放す際には、廃車と買取のどちらにすべきか迷ってしまう場合があります。

 

現に車の年式や走行距離によっては、やや微妙な事もあるのです。

 

そして迷った時には、複数見積もりが推奨されます。

 

 

廃車の方がお得な事はある

一般的には買取りの方が、お得になるパターンが多いです。

 

購入してからあまり年数が経過していない車なら、買取店の方が売却額も高くなる傾向はあります。

 

しかしやや古い車の場合は、むしろ廃車の方が良い事もあるのです。

 

どちらの方がお得になるかは、それこそ状況次第と言えます。

 

 

各業者の数字を比べる

それで1つだけ言えるのは、業者の数字を比較してみるべき点です。

 

それぞれの業者によって、売却額が異なる事だけは間違いありません。

 

ですから、まず複数の買取店で売却額の見積もりを出してもらうと良いでしょう。

 

その後で、改めて廃車の手続きを行ってくれる業者で、見積もりを出してもらうのです。

 

両者の見積もりを比べた上で、妥当と思われる方を選ぶと良いでしょう。

 

 

一括査定を活用して比べると効率的

ただし複数の業者に車を持ち込んでいれば、手続きは非常に面倒です。

 

このため、一括査定というサービスが推奨されます。

 

一括査定なら、一気に複数の買い取り専門店から数字が提示されるからです。

 

それで買い取り額の大まかな相場が分かったら、改めて廃車の業者から見積もりを出してもらえば良いのです。

 

そして一番お得だと思われる手段で、手続きを行うと良いでしょう。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車にならない為の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

このページの先頭へ