MENU

故障車でも売れるって本当なの?

 

もしマイカーが廃車状態になった場合、査定を受ける事もせず処分される方も多い事でしょう。

 

しかし、簡単に処分した事によって大損をしている可能性があるのです。

 

その理由はどんな状態でも売れる可能性があるからです。

 

車というのは過走行や事故車、水没車、故障車などが該当しますが、一見すると価値が無さそうに見えるものです。

 

しかしながらそういった車でも価値が付く事があります。

 

例えば値段の付かない車でも海外からは需要がありますので、海外へ売る為に買取してくれる事があります。

 

時には二束三文どころか数十万円という高価格が付くケースもあるのです。

 

他にも価値が付く理由として内装や外装の再利用が挙げられます。

 

全焼してしまった時ならまだしも、それ以外の大抵の車の場合は再利用できる部分が残っていますが、再利用できる部分があるようなら価値が付く事があるのです。

 

その為、まずは査定を受けるのが望ましいのですが、売却時には一括査定が便利です。

 

色々な業者の査定価格が一気に分かりますので、どこへ売れば良いのかも一目瞭然です。

 

 

 

 

エンジンの調子の悪さや故障は伝えるべきでしょうか?

 

 

ディーラーへの下取り査定や廃車買取に出す際に悩ましいのは車の詳細な状況報告です。

 

中古車ですから気になるところはいくらでもあるでしょう。

 

ほんの些細なことでも査定に影響することもあるかもしれません。

 

ちょっとした運転感覚に違和感がある場合でも逐一報告しなくてはならないのでしたらそれだけでも負担になってしまいます。

 

最近では下取り査定の際に査定士や営業マンから車について気になるところはないですか?というようなことは聞かれなくなっているようです。

 

聞かなくても車をみればわかるということなのかもしれません。

 

実際にプロの査定士ですから中古車の状況は注意深く見ることで100%わかるということです。

 

ですから隠すつもりはなくても些細なことでも査定士には全てがお見通しということになるのです。

 

そうなるとエンジンの調子の悪さなどはエンジンをかけてみたらわかるかもしれません。

 

査定士によってはエンジンをかけなくてもエンジンの調子の悪さを見抜く人もいるのです。

 

ですから運転中にエンジンに違和感を感じたということでしたらその旨を前もって報告しておいたほうがいいでしょう。

 

これはどうせわかるのなら自分の方から前もって自己申告しておいたほうがいいということです。査定士も人間ですからどっちにしようか迷ったときに売却側の有利になるように考えてくれるかもしれません。

 

エンジンは走行性能に直結します。日々乗っていて違和感を感じて、そろそろ買い換えの時期かなと判断することもあるでしょう。

 

そのことは査定士にしっかり伝えたほうがいいですし、はっきりと故障だとわかるのでしたら尚更伝えたほうがいいのはいうまでもありません。

 

実際に車の状況を逐一報告しなくてもいいのですが、ことエンジンに関しては車の心臓部といってもいい場所ですから、ちょっとした違和感有りも含めて故障箇所はしっかりと申告するのが大事ですね。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車にならない為の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

このページの先頭へ