事故車も修理車も価格が付くのが車一括査定サイトです

一度車をぶつけてしまって修理歴がある車。

査定額なんて付くはずが無い。このように思っている方いらっしゃいませんか?
確かに以前は業者でもゼロ査定となっているケースが多くありました。
しかし、近年はこのゼロ査定の比率も随分と下がっているのです。
その証拠に一括査定のサイトがあるように、専門の業者も全国に存在しており驚くほどの査定額を提示してくれます。
どうしてそのような事になっているのか?

 

実は例え事故車であってもエンジンやミッションが元気であれば、パーツだけを再流通するシステムが整っているからです。

 

また、走行距離が10万キロを超えている場合でも車自体が動けば海外の市場への流通が出来るようになりました。

 

これらの要因で今までは処分となる為、価格が付かなかったような車でも思いがけないほどの高額査定が出るというケースがあるのです。
実際に人気車であれば事故車でも30万円以上の買取額が出ることがあります。まずはぜひ車買取一括査定サイトをご覧ください。きっと買取に対応している業者も多いはずです。

 

 

 

 

事故車や事故修復歴車となるとどのくらい買取査定額に影響するのでしょうか?

一般に言われるように事故を起こした車を事故車と呼ぶわけではありません。
私たちは普通そういう言い方をしているのですが、事故車というのは査定の世界で用いられる言葉なのです。
ちょっと当てたくらいのものでは事故車とは言いませんし、車の強度に影響のあるような部位を修理した車を事故車、あるいは自己修復歴車と呼んでいるのです。
事故車となると当然なのですが、車としての価値は著しく下がります。
もちろん買取査定にも影響してくるでしょう。
一頃ではこのような自己修復歴車というのは買取や下取りはしてもらえず、乗りつぶすしかありませんでした。
現在も下取りはできないということが多いのですが、買取専門の業者では事故車であっても買取をしてくれるところが増えてきました。これは部品取りなどで活用できること、さらには事故車でもいいから乗りたいという需要があることなどがあげられます。これはカーオークションなどがそうなのですが、需要があるから当然買取ができるというわけです。さらに海外への輸出もありますから事故車であっても走行に全く問題がなければ、事故車ではない車と比較すると査定価格は落ちてしまいますが、事故車であっても買取可能ということになるのです。
事故車の場合はその修理した部位によっても査定額が変わってきます。このあたりは一般の人では判断できない部分です。
ですから、そのような場合はネットの一括査定サイトで査定額を提示してもらう方法が便利です。

 

事故車であることがわかっていて、それが後からバレたときはどうなるの?

事故車であることを事前に申告して買取査定あるいは下取り査定をしてもらえばいいのですが、事故歴のある車であることを事前申告しない場合もあるでしょう。
ついつい言いそびれたということもあるかもしれません、事故車であるという認識がない、あるいはそういったことは言わなくてもいいと思っている場合もあるからです。
そのような場合でも査定士が車を見れば事故歴のある車かどうかというのはわかります。
ですから、事故歴のある車を通常の査定価格で買い取りあるいは下取りをしてくれるというのは本来では考えられません。
それでも、後から事故歴のある車だとばれてしまって査定額の差額の返還要求をされたという例があります。
これは悪徳な業者の場合ですし、そのときに事故車であることが見抜けなかったのだから、という言い分もあるでしょう。
それでも事故歴のある車ということを黙っていた、あるいは事故歴がないと言った場合では詐称の罪に問われることもあるようです。
ですから後からトラブルにならないように、事故歴のある車ということは事前にしっかりと申告しておいたほうがいいでしょう。
言った言わないということでトラブルになるようなこともないとは思いますが、契約書などに「事故歴あり」など一筆書いてもらう方法もあります。