他人の名義の車を廃車手続きするには?

車の廃車手続きに際して、車の名義人が誰であるかはとても大切な事です。例えば、親の名義の車を子供が使用していた場合、たとえ家族間であっても名義人が親である以上は、廃車手続きを進めるにあたっても、名義人の同意を得る事、同意を得ている事を証明する必要があります。
また、中には廃車手続きを自動車販売店や自動車関連業者に依頼する場合、友人や親しい知人に代行を依頼する場合もあるでしょう。
自分が第三者に手続きを依頼する場合も、される場合も必要となる書類を不備なくそろえてスムーズに手続きを終えられるように準備を進めておきましょう。

 

■家族や知人などが車の名義人である場合

自動車の廃車手続きを行う場合の必要書類は、下記の通りです。
手続きには名義人本人の実印が必要となるので、忘れずに持参しましょう。

 

@印鑑証明
(名義人の印鑑証明書。発行後3カ月以内のもの。)
A印鑑証明と同じ実印
B譲渡証明書
 (他人の名義のままでは、廃車手続きを進める事が出来ないので、書類上は一旦廃車手続きに来た第三者へ車を譲渡するという流れを取ります。そのうえで新たに車の所有者となった本人の申し出で車を廃車にするという流れです。)
C委任状
(廃車に関する手続きの一切を、第三者に委任する事を記した書類です。車の所有者の実印の押印、住所、氏名、日付、依頼した相手の氏名を記載します。)

 

自動車関連の業者が、顧客から引き取った車を廃車にする場合も、必要となる書類は上記と同様です。

ただし、実印の持参が難しい場合には、事前に書類を作成し、所有者本人に実印の押印をしてもらったうえで、廃車手続きを進めましょう。

 

廃車予定の車がローン会社名義の場合

この場合、車の所有権はローン会社にあり、使用者が廃車を希望しているという流れになります。一般的にはローンの完済をもって所有者名義を変更する手続きを行いますが、ローンを繰り上げ返済した場合や事故により継続利用が難しい場合などにこの手続きを行います。

 

必要となる書類は以下の通りです。
@車検証
A印鑑証明
(所有者のもの。発行後3カ月以内のもの)
B印鑑証明と同じ実印
C完済証明
(ローンを一括で返済した場合)
まずは上記の書類をそろえ、所有権の移転という手続きを行います。そのうえで、所有者の申し出により廃車という2段階の流れで進めてゆきます。
ただ、ローンの支払いが途中の場合は、ローン会社との交渉の上で手続きを進めることになります。

 

所有者不在の場合

車の名義人が亡くなってしまった場合には、車(軽自動車を除く)は財産扱いとなるので、まずは、相続人を決め、相続した人の名義に変更の上、手続きを進めるという流れになります。
また、名義人は存命ながらも連絡が付かない、住所がわからないなどの「放置自動車」の場合には、各自治体の窓口や警察署へ相談をする事で法的な手続きをとってもらうようになります。

 

このように、車はあくまでも財産である事から、廃車に際しては所有者の意思が尊重されるので、「委任状」「実印」は必ず事前に用意をしておきましょう。