MENU

自動車リサイクル法とはどういうもの?

自動車リサイクル法という法律があるのをご存じでしょうか。
この法律は平成14年7月に法案として成立して、平成17年1月1日に施行されました。
自動車を廃棄する際に、大量のシュレッダーダストが不法投棄される、あるいは廃車が不法に放置される、さらにはフロンガスによりオゾン層が破壊される、などの社会問題が頻繁に起きていた時期です。この法律はそれらを解決するために施行されたのです。

 

廃車から出る有用資源をリサイクルすることによって、環境問題への対応を図るための法律ということですが、問題はこのリサイクルにかかる費用です。
このリサイクル費用については、自動車ユーザーが負担する事になります。
金額ですが、普通の車で大体7000円〜18000円位となります。車の車格などによってリサイクル金額は変わってきます。支払は、新車購入時、あるいは車検時、廃車時のいづれか初回の1回のみとなっていますが、法律が施行されて10年となっていますので現在では新車購入時に支払う事がほとんどといっていいでしょう。

 

支払った際に「リサイクル券」という、リサイクル料金を支払っが事を示す重要な書面が貰えます。これは通常車検証と一緒に車検証入れの中に入っていると思います。
新車購入時、あるいは中古車購入時にリサイクル券の存在を確認しておきましょう。
存在を確認したら車検証や自賠責保険証とともに大切に保管して下さい。

 

支払ったリサイクル料金の中にエアコンやエアバッグなどの料金が含まれていない場合があるようです。そのときは廃車時に支払う事になりますので注意が必要となります。

 

リサイクル料金委託済みの中古車を売買した際のリサイクル料金ですが、新しい所有者は車両部分の価値とリサイクル券に記載されている預託金の相当額を、中古車売員代金の中に含めて、旧所有者に支払うこととなります。
買取してもらう時は、リサイクル料金を含んでなのか、含まないのか廃車買取業者に確認した方が良いでしょう。

 

名前が「リサイクル法」となりますので、環境汚染や温暖化防止のための法律というイメージが薄く、自動車を廃車にして解体した廃材を再利用するための法律と誤解されることが多いかもしれません。
しかし、地球への環境汚染を防いで、フロンガスによる地球温暖化の防止対策など、なくてはならない大切な法律なのです。

 

 

 

 

 

 

車を廃車にする時にリサイクル料って取られるのでしょうか?

現在乗っている車のほとんどすべての部分においてリサイクルできるような仕組みになっています。
実際には車の部分の95%がリサイクルできるということですから、環境に優しいシステムがすでにできあがっているということになります。
それもこれも2005年に施工されたリサイクル法によるものが大きいのです。
それではこの廃車にする際のリサイクルなのですがそれをするにもお金がかかります。
これがリサイクル料金なのですが、このリサイクル料金というのも誰かが負担しなくてはいけません。
もちろん車の持ち主が負担をするのですがこのリサイクル料金というのはいつ支払っているのでしょうか。
廃車にする際に支払うものなのでしょうか。実際に廃車にするときにリサイクル料金を求められた人もいるかもしれません。それは2005年以前に車を購入した人が廃車にしたときの場合でしょう。それも下取りあるいは買取査定の中に埋もれた金額として表に出てこなかったものかもしれません。
さらに2005年以降の最初の車検時に徴収されることになっていますから、現在乗っている車でリサイクル料金を支払っていない車というのは皆無なのです
ですので、2005年より車を購入した人はリサイクル法が施行されていますから、リサイクル料金は車の購入時に支払っているのです。
以上のことから廃車に際して現状ではリサイクル料金を支払う必要はありません。
その車を最初に購入した人がリサイクル料金を支払っているうので廃車のときにリサイクル料金を支払う必要はないのです。
そのような履歴も車の情報からわかるようなシステムになっています。
もっとも何らかで2005年以前に購入した車で車検も通していないまま廃車にするというケースがあればそれはそのときにリサイクル料金を支払わなければいけません。それでもこれは希な例と考えていいでしょう。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車にならない為の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

このページの先頭へ