MENU

廃車にする際の業者とのトラブルになる前に注意する事

廃車の還付金のトラブルとは?

廃車をした時に起こるトラブルに「廃車の還付金のトラブル」というのがあります。

 

本来車を廃車した時に戻ってくる税金や保険金が、車を廃車した人の手に入らないトラブルです。

 

廃車で戻ってくる還付金には「自動車税」と「自動車重量税」そして「自賠責保険」と「任意保険」があります。

 

これらの手続きをしっかり行ってくれる買取業者と、やってくれない業者とがあります。多くの買取業者では還付金の手続きを普通に行ってくれますが、そうでない買取業者もあります。

 

一般の人は還付金の事を知らなかったり、うっかりして還付金を請求できる期間が過ぎて手にすることができないこともあります。

 

買取業者が還付金のの手続きをしてくれたり、あるいはを教えてくれれば良いのですが、買取業者によっては還付金の事を教えてさえくれません。

 

しかし、買取業者は還付金のことを教える義務も責任もないので、廃車する人が損をしないため還付金のことを知っておく必要があります。

 

なかには悪徳廃車業者がいて、廃車した人に還付金を渡さないように手続きをして、還付金をネコババしてしまう業者もいます。

 

還付金の請求は、廃車する人の印鑑は100円ショップで簡単に買えますから、それを使って還付金が自分のところに入るように手続きをして自分で受け取ってしまうのです。

 

ただ、軽自動車場合は自動車税の還付金はありません。自動車重量税だけが還付されます。

 

 

廃車の依頼後に手続きの料金を巡って起るトラブルとは?

還付金変換の手続きを無料で行ってくれる業者もありますが、還付金変換の手続きを行うには手間暇も移動のガソリン代などもかかりますから、それなりの費用が発生するため還付金請求代行の料金を取る業者もあります。

 

そのため、事前に確認しておかないと後になって代行料金を巡ってのトラブルが発生しますから注意をしてください。

 

 

廃車のよくある金額に関するトラブルとは?

廃車後に出てくる金額のトラブルには、見積もり時に提示された金額と実際に廃車した後では金額が違っていたというケースや、当然戻ってくると思っていた自動車税や自動車重量税が戻ってこなかったなどがあります。

 

そして、還付などの手続きは無料だと思っていたところ手続きの代行料が請求されたなどのケースがあります。

 

代行料は廃車する業者によって違いがあり、代行の手数料は無料と謳っている買取業者も多いので、無料でやってくれると思い込んでいる人も多いです。そのため、見積もり時の内訳を良く見て確認しておいてください。

 

また、出張見積りに関するトラブルもかなり多いようです。

 

多くの買取や廃車の業者が出張見積りは無料としていますから、廃車する人は複数の業者の見積もりを比較してお得な方に出そうとします。

 

しかし、出張査定に来た査定員が契約を取るまでしつこく粘ったり、居座られて困ったケースが多いのも現実です。

 

居座られて困ったときは、相手に付け込まれるような迷ったり弱気な様子を見せないで、毅然ときっぱりと断ると相手も諦めることが多いので、毅然とした態度で断ることが必要です。

 

ある女性は、女性だからと軽く見られて低い査定額をつけられることを警戒して、口の達者な友人に頼んで査定の時に立ち会ってもらったそうですが、損のない査定額をつけてもらうためにも、契約をもらうまでしつこく粘られないためにもおススメです。

 

 

廃車の後の名義変更がされないトラブルとは?

廃車をしても名義変更が行われていないと翌年どころか名義変更がされない限り自動車税の請求が来てしまいます。

 

それを防ぐには、廃車を依頼した業者から、廃車した際の「抹消登録完了」の通知が届いているかということと、名義変更がされているかを確認しておいてください。

 

ちなみに、自動車税が未払いの場合は廃車することができません。自動車税と、それまで滞納していた延滞税を治めてから廃車するようになります。

 

あるケースでは、名義変更をするという約束で車を売ったのに、名義変更がされずに他の人が乗っていたケースがあります。

 

それがわかったのは、駐車違反の通知が来たことからでしたが、名義変更をしてもらうため相手に連絡をしても居留守をつかわれて、やっと捕まえたところが、車は他の人に売ってあり、どこに住んでいるかわからないとのことでした。

 

運の悪いことに車を売った業者にも連絡がとれないので警察に相談したのですが、自分で抹消登録をしようとしても、車の盗難とか焼失に限られているので抹消もできませでした。

 

やっと、車を買った人が見つかってかろうじて名義変更ができました。

 

このケースは特殊なケースですが、名義変更をしておかないと大変な思いをすることがありますから、名義変更をした書類とか、廃車した場合は抹消登録の書類を必ず確認しておいてください。

 

 

悪徳業者に注意を!

以前は動かなくなった車は解体料を出して廃車をしていたため、解体料を惜しんで山中に不法投棄をする車がかなりあり問題になっていました。

 

ところが現在は廃車の車さえ買取をしてもらえるようになり、山中への不法投棄が極端に減りました。

 

しかし、悪質な業者も少なくないため、廃車に際しての必用な手続きが行われていなかったり、廃車後に料金のトラブルが発生することも多いので、良い業者を選んで廃車をしてください。

 

一番困るのは、廃車手続きもせず山中に違法投棄をする悪質業者です。

 

前例あげた名義変更されていなかった車同様、廃車の手続きに困難を極めますから注意が必要です。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車にならない為の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

このページの先頭へ