MENU

軽自動車の廃車費用は総額でいくらかかるのか

軽自動車の廃車費用の内訳は

 

軽自動車の廃車費用には主に軽自動車の解体費用、軽自動車検査協会での廃車手続き手数料などがあります。

 

軽自動車を解体して貰うには解体業者に依頼する事が必要です。

 

解体業者によって異なりますが軽自動車であればいくらかで買取してもらえるか、無料、手数料を取る業者もいます。

 

軽自動車を解体返納、普通自動車に該当する永久抹消を行う場合は解体証明書が必要になります。

 

自動車リサイクル法の許可業者で解体して貰うと解体証明書が貰えますが、発行まで日数がかかる事があるので事前に聞いておきスケジュールを組むとスムーズです。

 

解体返納ではなく一時抹消である場合は一時的に登録を抹消しているだけ、軽自動車の解体はまだ行っていないので解体証明書の発行も当然いりません。

 

軽自動車解体

 

解体された軽自動車は自動車リサイクル法に基づいてリサイクルされます。

 

車購入時に軽自動車であれば7,000円から10,000円ほとのリサイクル料金を払っていると思いますので、廃車の時はリサイクル料金はかかりません。

 

軽自動車検査協会での、廃車手続き手数料は一時抹消であれば350円となっています。

 

総額ではいくらかかるのか

まとめると軽自動車の解体費用は業者によります。

 

リサイクル料金はほとんどの場合購入時にお支払いしているので、廃車時にはかかりません。

 

解体業者で軽自動車の廃車手続きを代行して貰える事がありますが手数料がかかります。

 

行政書士にも手続きを依頼する事が可能ですが2000円以上の費用がかかりますので、節約したい時はご自身で書類を書いて手続きしたほうが良いです。

 

もし自力走行ができないような軽自動車の場合は持込みするのが困難となります。

 

引取りを依頼する事になりますが引取り手数料を取られる業者があります。

 

 

引き取り・解体費用

手続き手数料

処分代合計

業者A

20,000円

10,000円

30,000円

業者B

10,000円

0円

10,000円

業者C

0円

10,000円

10,000円

一括査定業者

買取20,000円

無料

+20,000円

 

 

↓軽自動車を高く売るなら↓

 

 

 

廃車の引き取り・解体費用や、手続き手数料は業者によって金額が全然違います。

 

買取してもらえるのに、処分代を払って損をしている方が多いので、廃車でも値段が付くのか、全部無料で引き取りして貰えるのか等を調べた方がいいです。

 

手続き費用も無料でやってくれる業者があるので、一緒に頼んでしまった方がお得です。

 

廃車買取の一括査定をすれば、買い取ってくれる業者は簡単に見つかります。

 

 

 

 

自分でする自動車検査協会で廃車手続き

軽自動車の廃車手続きに必要となる軽自動車検査返納届や自動車検査証明書交付申請書、軽自動車税申告書は自動車検査協会で手に入ります。

 

その他にも印鑑やナンバープレートが必要になります。

 

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車にならない為の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

このページの先頭へ