セレナの20万km以上の廃車買取相場について

20万km以上走っているセレナの相場情報です。
業者のオークション相場から逆算して算出しています。

 

平成21年式、型式(DBAーNC25)の20Sで、走行距離が236,120kmのセレナが買取査定を使えば15万円〜20万円はつくと思います。

 

平成23年式の型式(DBAーNC26)の20Xで、走行距離が201,838kmのセレナが買取価格30万〜35万円が妥当です。

 

下記は、その他の20万km以上走っているセレナの相場です。

 

年式

型式

グレード

走行距離

金額

平成17年

CBA-C25

チェアキャブリフタータイプ

パール

225,000km

9.6万円

平成19年

DBA-C25

ライダークロスシート

パール

224,000km

16.5万円

平成20年

DBA-CNC25

ハイウェスター

パール

201,000km

36万円

平成22年

DBA-C25

2.0SVセレクション

シルバー

218,000km

35万円

 

20万km以上走っていたり、外装が傷だらけだったりするセレナでも結構な高値で流通しています。
セレナを廃車で処分する前に、値段がつく可能性が多いにあるので、一度調べてみた方が良いです。
処分代を払おうと思っていたセレナが10万円以上ついたりする場合があります。
下記は簡単に一番高い買取額を無料で調べる事が出来ます。

 

 

⇒セレナが高く売れる廃車買取査定はこちら!


セレナの廃車買取で高く売る方法について

廃車を買い替えるときに、今までならディーラーにそのまま下取りに出すパターンが多かったと思います。

しかし現在では廃車買取業者の認知度も上がり、買取業者に車を売る方が増えたと思います。
まず廃車買取業者には下取りにはない魅力があります。
下取りはディーラーのほぼいい値になってしまうのですが、買取に出すと様々な業者から様々な値段が提示されるので選択の幅が広がると思います。

 

そのまず最初が廃車買取一括査定のシステムだと思います。
一括査定の申し込みの方もインターネットから自分の車に関する情報を入力するだけで、愛車の査定結果が届きます。
数社によって愛車を査定してくれるので自然と買取価格は下取りに比べると高くなります。
車はメーカーや車種、グレードによりますが高く売れる時期もあり、さらに車種の色などによっても買取の価格は変わってくるので売り時も大事です。
下取りはこの部分がなく、一般的に値段が決まっているので、価格は期待出来ません。
買取業者でも値段が変わるので数社に絞って細かい査定を受けるのがポイントです。

 

 

 

 

セレナについて

セレナには、快適な装備がたくさんあります。

フロントドアがUVカット断熱グリーンガラスとなっているので、日焼け対策は万全です。
なんと、99%UVカットなので、日差しが強いときの外出でも安心です。
また、セカンドにはロールサンシェードがあります。
眠いのに日差しが強くて眠れないなんてことも無くなりますし、眠くなくても日差しが気になる場合にも大活躍です。
しかも、プライバシーの保護にも役立ちます。
セカンドには他にも、リラックスヘッドレストがあります。
ヘッドレストの両端を倒すことで、頭部をサポートしてくれます。
疲れにくくなるのが嬉しいですね。
また、眠ってしまって頭が傾いてもストッパーになってくれるので頭がずり落ちるということもありません。
安心して眠れます。
セカンドシートとサードシートに専用のテーブルもついているので、飲み物を置いたりすることも可能です。
ちなみに、ボディカラーはダイヤモンドブラックやブリリアントシルバーなど9種類あります。

 

 

ミニバンの王者セレナ

日産セレナは、現在のミニバンブームの前から発売されているミニバンです。
そのため知名度が高いです。ミニバンにおいて常に販売台数ナンバー1を記録しているのも、多くのセレナユーザーが、再びセレナを購入しているからだと思います。
古くから販売しているという事は、それだけノウハウがあるという事です。それが、他社ミニバンのノア/ヴォクシー、ステップワゴンより売れている理由に思います。
ミニバンとして完成度が非常に高いと言われており、順調に進化しているのだと思います。
そんなセレナですが、メーター等は、凄く斬新なつくりになっています。基本に忠実でありながら、最先端のデザインを取り入れたりするあたりが、人気の秘訣なのかもしれません。
日産自動車から販売されているため、ハイブリッド化は当面ないと思われますが、電気自動車版セレナの販売があるかもしれません。
売れ筋であり、大衆車である事を考えれば、次世代エコ装置を装着する可能性が、非常に高いと思います。

 

 

日産のセレナについて

セレナ(SERENA)は日産の発売・製造している自動車ブランドの1つです。
種類としてはミニバンの普通自動車に当たります。
初代が初めて販売されたのは1991年6月のC23型に当たりますが、ルーツは1969〜1970年登場のダットサン・サニーキャブ/日産・チェリーキャブとなっており、日産の長い歴史の中でも特に長年にわたって愛されているブランド自動車となっています。
初代のC23型は1991年6月から1999年まで、2代目のC24型は1999年6月から2005年まで、3代目のC25型は2005年5月から2010年まで、現行車である4代目のC26型は2010年11月から現在まで発売・製造を続けています。
車名の由来はスペイン語で「晴々とした」「穏やかな」という意味であるSERENAから取られています。
エマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止システムといった最先端の安全技術、低燃費であることから生活のコストを極力小さくした作り、8人乗りにも対応している広々とした空間が好評を得ています。