MENU

不動車でも売れる理由や高く売る方法

不動車でも売る事は出来る?

故障してしまった車、冠水してしまった車、事故で原形をとどめていない車、廃車の車など、動かなくなってしまった車はどのように処分したらいいのか頭を悩ませると思います。

 

車を買い替えるのであれば、もちろんディーラーで処分の方法を相談できますし、廃車料金を支払うことで処分をお願いすることも可能です。

 

最近では、買取業者が増えたことから、手続き料金はサービス・買取価格0円ということで引き取ってくれるディーラーも増えているようです。

 

車を買い替える予定が無い場合は、自動車解体業者に引き取ってもらわなければならないのか迷いますよね。

 

もちろん依頼することは出来ますが、引き取りに来てもらえるか確認が必要ですし、解体業者に依頼すると別途料金が取られるケースが多いようです。

 

このように不動車の処分をディーラーや解体業者に頼むことが出来ますが、これらの方法は決してベストとは言えません。

 

実は、あらゆる理由で動かなくなった不動車でも買い手がつくことがあるのです。それを行ってくれるのが、不動車の買取専門業者なのです。動かなくなったのだから買取価格なんてつかない、むしろ料金を払って廃棄してもらわなければならないと思っていませんでしたか?もしかしたらその不動車には値段がつくかもしれないのです。

 

動かなくなったからといってすぐに廃車手続きを検討するのではなく、売却する方法を考えていてはいかがでしょうか。

 

 

不動車でも売れる理由は?

かつて動かなくなった車と言えば廃車手続きを行うのが一般的で、ディーラーや業者に無料、もしくは料金を支払っていました。

 

というのも、動かなくなった車は、移動させるのにも費用がかかりますし、廃車手続きの事務手数料や解体費用などもろもろ計算すると3万円前後はかかってしまうためです。

 

しかし近年、不動車を最低0円から高額で買取をしてくれる業者が大変増えてきました。その理由としてあげられるのは1つ、不動車がお金になるためです。

 

では、動かなくなった車がどうしてお金になるのでしょうか。
その理由を見てみたいと思います。

 

 

修理をして再販する

不動車の中には、機械系の故障や事故による破損で動かなくなることもあるようです。この場合は一部修理することで動くようになる車出てきます。

 

このような不動車は買取業者にとって大変人気があり、高い値段で買い取ってもらえるケースが高いです。

 

一部修理するだけで再販できるようになった車は、日本で中古車として売られるほか、日本車需要の高い海外へ輸出されます。

 

 

 

部品・パーツをばらして再利用

不動車を解体して出てくるものには、タイヤやホイール、ガラス、バッテリー、椅子といった様々なものがありますが、使えるものにはすべて価値があります。部分ごとにきれいに処理され、再利用されることとなります。

 

タイヤやホイールはもちろん、オーディオなんかはまだ使える状態であれば中古品として市場に出すことが出来ます。これらの部品は日本製ということで、海外では高い値段で取引されています。

 

また、解体して出てきた機能部分(エンジン等)はいくつもの検査を行い、合格したものであれば「中古品」という形で再利用されます。これらの機械部分の中古品も、日本製は海外でとても人気が高く、高値で取引されています。

 

 

 

リサイクル資源として価値のあるものへ

再利用できる部分を取り外して残ったバンパーやボディ等の金属部分は、鉄などに分別され価値のある金属資源へと生まれ変わります。

 

この金属資源は日本国内だけの需要ではなく、発展途上の国々にとってとても価値があるものとして取引されています。

 

このように動かなくなった車は、その理由がどのようなものであれ全てのパーツが価値のあるものへと生まれ変わるのです。

 

そのため買取業者にとっては不動車でも価値があるため、不動車の保有者は買取業者に売ることが可能となるのです。

 

 

不動車を高く売る方法は?

不動車に値段がつくことがわかったらから、買取業者にただ買取依頼すればいいという訳ではありません。

 

不動車とは言え、実は売却したい不動車の状態で買取価格が値段が大きく変わるほか、売却先が違うだけでも買取価格は上下します。

 

どうせ売るなら少しでも高く売りたいですよね。そこで少しでも高く売る方法をご紹介したいと思います。

 

 

不動車でも高い値段のつく車

不動車となる理由は様々で、その車の状況で買取価格は大きく変わります。中でも修理を行えば中古車として販売できる可能性が高いような不動車は、高い値段が付きやすくなります。

 

そのような不動車の中でも比較的高く売れる車は、年式が新しいもの、人気のある車種、希少価値が高い車、グレードが高い車、走行距離が少ない車などがあげられます。

 

不動車とは言え、中古車の様にその時の相場や人気、流行りに値段が左右されることもあるのです。

 

 

不動車一括査定を利用する

不動車を出来るだけ高くいりたい場合は、一括査定の活用をお勧めします。

 

数ある不動車買取業者、1社1社に査定をお願いするよりも高い買取価格がつく方法です。

 

業者が欲しい不動車であれば競い合うように値段を上げて提案してくるため、思った以上の高額査定が出ることもあります。

 

これは、車の買取業者によって販売ルートや在庫の状況が異なるためです。また、業者ごとに欲しい車・特異な車というものがあるものです。

 

そのため業者を自己判断で絞らず、複数の業者をを相手に一気に査定依頼した方が高く売れる可能性が高くなります。

 

また、1社1社回り査定書類の手続きをする必要がないため、手間が省けるというメリットもあります。

 

今では店舗に出向く必要なく、ホームページにアクセスするだけで簡単に査定してもらえます。

 

このように、複数の業者を相手に査定をお願いする場合に注意してもらいたい点がいくつかあります。

 

まず、買取業者からいくらぐらいで売りたいですか?と聞かれても、買取希望価格を伝えないことです。

 

こちら側がいくらくらいの値段で満足するか知られてしまうと、それ以上の価格は提示されないことが多いです。

 

聞かれたとして、逆に聞き返すようにするとごまかすことが出来ます。

 

また、価格交渉の際は、提示された価格よりも少し多めに他社から買取価格を提示されている、と伝えてみると良いでしょう。

 

競わすことで買取価格が上がることもあるようです。ただし、この方法は業者が欲しがる不動車である場合のみ有効なアクションです。

 

また、査定を依頼すると一気に複数の業者から電話がかかってくることにも注意が必要です。

 

そのため出先で気軽に査定依頼を出すよりは、電話対応が出来る乗用を整えてから査定依頼を出すようにしてください。

 

 

売却代金以外にも収入がある?

愛車が不動車となってしまったら、とにかく早めに買取手続きを行うことをお勧めします。

 

というのも、早く車を手放すことでその分自動車税や重量税、自賠責保険などが見合った分戻ってくることがあります。

 

厳密にいえば収入ではなく、一度払ったお金が多少戻ってくるだけですが、不動車となってから放っておいては手に入らない金額です。

 

不動車となってしまったら早めに買取手続きをとることで、売却代金も高くなる可能性がありますし、戻ってくる金額も多くなる可能性が出てくるのです。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車関連の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

廃車買取の口コミ

このページの先頭へ