初めてのムーヴを事故で廃車に。不安でしたがなんとかなりました。

私は22歳の事務員です。車を廃車したのは、18歳で免許を取り立ての頃でした。
当時乗っていた車は、軽自動車ダイハツ・ムーヴです。こちらは初めて購入した車で、ネットオークションで購入しました。年式は平成18年と古めで、走行距離は110,000km少し超えていた車だったので最初だからと安く購入しました。

 

私の車が廃車になるまで

車の免許も取れてそんなにたっていなかったので、とにかくドライブにはまっていました。土曜日に友人とドライブに行き、寝ずにいろんな所へ行き遊んでいました。
そろそろ帰ろうという風になり友人と別れ、家まで車を走らせました。この時はまだ睡眠をとっていませんでした。
少し眠気を感じながらも、運転を続けていました。
途中でうとうとしてしまい、それでももう少しで家に着くと思って運転していたのですが、気づかないうちに目を閉じてしまっており、気づけば街路樹に車が乗り上げていました。
気づいた時には、もう遅かったです。私の車は乗り上げてからバランスを崩し、横転してしまいました。
車の状態はというと、窓ガラスはほとんど割れ、破片がいろんなところに飛び散り、エアバックが出て、ハンドル部分から煙が出ていました。
通行人に助けられ、外に出てみると、オイルのようなものが道路にぼたぼたと流れており、地面側のボディはかなりへこんでいるのが見えました。
JAFを呼び、車を運んでもらうことにしました。
JAFの方に、廃車ですよね?と半ば諦めながら聞くと、そうですね、これは廃車だと思いますと言われました。
この時、この車を廃車にする事を決めました。

 

廃車の方法

母に事故を起こした事を説明し、廃車にすることを伝えると、事故車を無料で引き取ってくれる業者があるとのこと。無料どころか、10,000円の現金がもらえるという事を聞きました。車を廃車にするのにはお金がかかると思っていたので、この事に驚きました。私はその業者に頼む事にしました。
廃車の方法は決まったのですが、少し困った事があります。
JAFの方にこの車をどこに運べばいいかと聞かれましたが、私の家は、かなり細く曲がり角などが多い通りにあったので、家に持ってきてもらうことは不可能だと感じました。それに近所の人からこんなひどい状態になった車を見られるのも恥ずかしいと思ったので、事故車の置き場には困りました。

 

いざ、廃車に

母に車をどこに持ってきてもらうか相談しました。
母も私と同じ考えで家に運んでもらうのは厳しいという意見でした。

 

仕方がないので、JAF方に連絡し、業者の元へ直接運んでもらう事にしました。
運送代が高くつくことを覚悟しましたが、そこまで距離が伸びずに済み、保険の範囲内に収まってくれたので良かったです。
横転して、ボロボロになった車は無事に業者の元へ運ばれ、無事に廃車となりました。
事故をして車が廃車になってしまったことはとても残念でしたが
お金がかからず、現金も振り込まれたので不幸中の幸いでした。