オデッセイ(ホンダ車)の廃車手続きと体験談

35歳の車好きな会社員ですが、まず、「廃車」と聞いてまず思い浮かぶのは面倒な手続きと金銭的な面でのお話ではないでしょうか。
私の場合はホンダのオデッセイというワゴンタイプの最も大きなグレードで、年式は平成9年。
走行距離は15万キロを超えていました。すでにブレーキや電気系統など、色々なところにガタが来ていて、いつ壊れても仕方のないような状態でしたが、ある日とうとうエンジンがかからなくなってしまい、ディーラーさんから修理に50万円以上かかると聞いたことをきっかけに、手放すことを決意しました。
手続きに関してですが、自分で解体してパーツなどを利用する場合などを除けば、それほど面倒なものではなく、ホンダのディーラーさんに連絡を入れて必要事項を記入するだけでした。
必要な書類としては、印鑑証明と、委任状と、車検証の三点。これらを用意すればディーラーさんの方で全てやってくれます。
料金に関しては10万円くらいだったと記憶していますが、車種によって異なる場合もありますので、お近くのディーラーさんにご相談すると良いかもしれません。
また、後で知ったことですがご自分でも廃車の手続きはできるそうです。ご自分で廃車手続きをする場合に関しては料金は無料ですが、手続きが若干面倒なものとなっているようです。
お金をかけずに廃車手続きをしたいような場合は良いかもしれません。また、廃車の買取業者もありますので、そちらを利用することも一つの手段でしょう。
場合によっては無料で引き取ってくれる場合もあるそうです。私の場合はまだ若かったこともあり、それほど知識もないまま無茶な乗り方をしてしまったことが原因の一つとしてとしてあげられますが、現在はインターネットを活用すれば、色々な情報がすぐに得られる時代となりました。
是非自分にあったやり方で、長年寄り添ってきた愛車と、最後のお別れをしていただきたいと思います。
今後はこういった反省点も踏まえ、次に乗る車はもっと大切に乗ってあげたいと思っています。長年連れ添った車ですから最後まで大切に扱ってあげたいものですね。
最後にまとめると、私の場合の廃車手続きに関しては電話一本と書類のみ。料金は10万円。ご自分でされる場合には料金は無料ですが、手続きが面倒。
買取業者に頼めば無料で引き取ってくれる場合もある。といったところです。