15年落ちのホンダのフィットが売れた!

 

15年落ちで走行距離10万kmのホンダのフィットに乗っていましたが、さすがにエンジン音とがおかしくなってきたので、買い替えることにしました。

 

そこで、ディーラーに行って見積もりを取ったところ、下取り価格も出ずに逆に「廃車にする費用として1万円が必要」と言われてしまいました。

 

10万km乗っているし、15年落ちだし、仕方ないかなと思いましたが、そこで営業マンが「でもうちの車を購入してくれるなら、廃車代はサービスします」という言葉にカチンと来て、それなら自分で売ってやる、と思い、その商談は止めてとりあえず家に帰りました。

 

 

でも車の状態はというと

確かに車の状態は見た目は良かったのですが、前輪の車軸が1度ぽきんと折れたことがありましたし、バッテリーはよく上がるようになっていましたし、エンジンから異音も聞こえてきていました。

 

そういう意味では廃車もやむを得ないと思うのですが、カチンときた自分の手前、一度ネットの一括査定サイトで見積もりを取ってみるだけはやってみようと思いました。

 

5社から見積もりが届き、そのうちの3社はやはり「見積もりできません」という返答でしたが、なんと2社は、2万円と4万円の見積もりが出てきたのです。

 

それで早速4万円のほうの会社に連絡を取って、実地査定をしてもらうことにしました

 

そして査定の日に向かって、エンジン音やら修理歴やらはどうしようもありませんが、せめて見た目はきれいにしようと思い、滅多にしない洗車をガソリンスタンドに行ってして、社内にもクリーナーをかけました。

 

そして、聞くところによると、小さな傷は直したほうがよい、とうことだったので、前のバンパーについている小さな擦り傷を、DIYショップでリペア用のマジックのようなものを購入してきて、それを塗って直しました。

 

その結果、実地査定では営業マンから「意外にきれいに乗っていますね」という言葉を引き出すことができ、とはいえやはりシートのへたりなども結構あったので、ネットの見積もりから1万円減った3万円で買い取ってくれることになりました。

 

当然即決で了解したことは言うまでもありません。

 

本来なら1万円払って廃車にしていたところが、3万円の現金になったのですから、差し引き4万円の得です。

 

4万円を貯金の運用で儲けようと思ったら、相当な元金が必要です。それくらい儲けたのだ、とかなりうれしくなりました。

 

そしてそのお金で、新たに買うドライブレコーダーと、ネズミ取りの探知機をとりつけようと思います。

 

値段が付かないと諦めずに査定を依頼してみて良かったです。

 

 

↓無料の査定サイトはこちら↓