MENU

走行距離30万kmでも売れた

私は現在64歳です。

 

平成14年に49歳の時に購入した、トヨタのカローラフィールダーに乗っていました。

 

今年で定年となるので、退職金を元手に新しい車を購入しようと考えていました。

 

職場が自宅からかなりの距離があったことから、15年間で31万キロを超える走行距離を示していました。

 

車の外装も錆やへこみ、傷が多数見られましたが、まだまだ元気に走っているので、手放すのがもったいないと思いながら今日まで走ってきましたが、徐々にエアコンの効きや、消耗品の交換頻度が高くなり、税金なども多くかかるようになってきたことから、維持費の面でも新しい車に乗り換えたほうが、効率的だと考え、定年と共に乗り換えることにしました。

 

トヨタのディーラーで新車を購入しようと考えていたので、その下取り車として、このカローラフィールダーを出そうと思っていたのですが、周りの話を聞いているうちに、中古車買取店に買い取ってもらったほうが、金銭面で得だとアドバイスされました。
30万キロを超えた車なんぞ、金になるはずがないと軽く思ったのですが、廃車となる車でもお金になるという広告につられて、とりあえず、買取店に査定をお願いしようと思いました。

 

一括査定のサイトはいくつかあったのでまずは、相場を調べるために、いくつかの一括査定サイトで、査定をしてみました。

 

結果は0〜7万円と表示されていました。

 

外装を始めに状態はあまりよくないので、限りなく0円に近いほうだと思いつつ、ディーラーでの新車見積もりの際に下取り査定された3万円を超えれば、買い取ってもらおうと思い、近くの買取店に伺うことにしました。

 

自分の知っている買取店以外にも、一括査定サイトで周りの中古車買取店の情報を教えてもらえるのでとても、便利だと感じました。

 

元々車は好きなので、車屋さんをめぐることも面倒だと思うことはなく、各買取店を楽しみながら周っていきました。

 

一番高く値段を付けたのは、大手の会社ではなく、名も知れぬ、謎の中古車販売店でした。

 

5万円で買い取ってもらいました。こんな30万キロを超えた車なんぞ、部品取りでしか価値のないものだろうと考えつつも、値段を高く付けて買い取ってもらえたことにとてもうれしく、一括査定サービスを利用してよかったと思っています。

 

車が廃車同然の値段しかつかないと分かっていたので、あえて、車を高く売るために準備したことはなく、準備したとしても、微々たるものだろうと考えていたので、高く販売するための準備は特にしませんでしたが、室内のクリーニングなどは、最後のお別れの意味も込めて、して置いたら気持ちよく別れを告げることができるのではと思います。

 

↓高く売れる査定サイトはこちら↓

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

車関連の豆知識

このページの先頭へ