MENU

普通車の廃車買取の手続き方法について

普通車の廃車買取に必要な書類がすべて揃ったら、次は具体的な廃車手続きを進めてゆきましょう。廃車手続き自体は簡単ですが、陸運局へ足を運ぶ必要があるので遠い、忙しいなどの場合には専門の業者へ手続き代行を依頼するとよいでしょう。

 

廃車の手続きには、所有者の住所を管理する「運輸支局」へ足を運びましょう。
運輸支局は、土日祝、及び12月29日〜1月3日が休日となります。
窓口の受付時間は、午前8:45?11:45、午後1:00〜4:00と定められています。特に、午前中の受付は混み合う事が多いようです。

 

 

 

 

手続き当日の手順は下記の通りです。

窓口で必要となる用紙を購入します

 手続きに必要な書類を窓口で購入します。用紙代は数百円です。地域により異なりますので、事前に管轄の事務所へ必要となる費用の額の確認をしておくとよいでしょう。
直近の自動車税納付領収書がある場合は合わせて持参しておきましょう。

 

必要書類を添えて、ナンバープレートの返納手続きを行います。前後2枚とも持参しましょう。

 

必要書類を窓口へ提出します

記入見本は現地に掲示されています。必要事項の記入、押印を済ませ提出をしましょう。

 

運輸支局場内の自動車税事務所等の税申告を

指定された窓口で自動車税・自動車取得税申告書を提出します。
廃車の時点までの自動車税が月割で再計算され、還付がある場合には後日振り込みにて還付されるので、受け取り口座の記入を行います。
また、使用期間中に未納となっていた自動車税がある場合には精算も行います。
自動車税の納付状況が定かでない場合には事前に確認を済ませておくとよいでしょう。

 

自賠責保険の確認を

廃車の時点で自賠責保険も不要となるので、加入中の保険会社に廃車手続き完了の連絡しを、保険料の還付手続きを行いましょう。

 

以上の手続きを持って、普通車の廃車手続きは完了となります。
また、解体はせずに、一時的に利用を停止したい(ナンバープレートの返納のみ)の場合は、同様の手続きを行い「自動車検査証返納証明書」を発行してもらうことも可能です。

 

一時的に利用を停止するメリットは、税金の課税を停める事が出来るという事が一番でしょう。長期出張や利用者不在などの理由から、まだ走行可能なものの利用予定がない場合にはこの方法がおすすめです。
「自動車検査証返納証明書」がある事で、中古車としての販売や利用の再開という手続きもスムーズに進めることが出来るので、一時的な措置と考えておくとよいでしょう。

 

 

 

 

 

普通車の廃車手続きの口コミ

私が乗っていた車は、トヨタの平成15年式ucf31後期セルシオグレードcのfパッケージでした、走行距離は120000キロ程度、外装は黒です。
購入してから、約一年が経ちました、特に目立った不具合等ありませんでしたが、走行中いきなり純正マルチがつかなくなり、パワーシートも動かなくなりディーラーに持ち込んだところ、修理するのに10万円だと言われ、
走行距離も距離でしたし、毎年くる税金の金額(役9万円!)そして車検、ちょうど知人から安くコンパクトカーを譲ってもらえる話もあり、買い換えを決心しました。
しかし、下取りに出したところ、査定額-10万円、新車価格が1000万円の車なのに……。
とりあえず最悪ただでもいいので、引き取ってもらえるところがないかと探したところ、一番良い方法は自分で廃車にして、スクラップ屋に持っていくこととわかり、
自分で廃車にする方法を調べました。自動車の廃車には二通りの種類があり、まず、一時抹消、次に永久抹消。
永久抹消は解体屋に持っていき解体証明をもらい、車検が残っていたら重量税が返ってきます、
一時抹消はナンバープレートと、車検証を返却して税金を止めてもらい、また車検を受けて乗れるような状態にして置く方法です。
私は今回、後者の一時抹消という方法を選択しました。
理由は、永久抹消だったら、この世から永久にその車が消えてしまい、2度と乗れなくなるからで、上記にスクラップ屋に持って行くと書きましたが、一応個人売買で売れるかもしれないので、(ヤフーオークション)等で、
その時に永久抹消にしたら困るからです。
そして、私は自分で陸運局に行き、廃車にするための、書類、費用等を調べました、費用は500円!(車屋に頼んだら20000円取られます)書類は車検証、ナンバープレート、印鑑証明書、実印、以上です。
(代理の方に頼む場合は委任状がいります。)

 

以上を揃え、いざ陸運局に!

平日とはいえ、人がたくさんいて、初心者のため、受け付けに行って説明を聞こうとしたら、二時間以上待たされました、そして陸運局の人に書類を確認してもらったところ、実印が印鑑証明書と違うと言われ、これでは手続きできないと言われ、自分の家から陸運局まで約三時間かかるのに実印を取りに家に帰りました。
本当によく印鑑、車検証は中を確認した方が良いです。
1つでも違えば、書類を受け取ってはくれません。
そして、また一時間待ち、次は、完璧にOk!無事廃車が終わりました。車検証の代わりに廃車証明書をもらい、それを、家の車に置き、以上ですべてのて手続きは終了です。確認さえちゃんとしたらそんなにむずかしい手続きではないです。
費用も安く済み簡単なので、次も自分でやりたいと思います。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車にならない為の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

このページの先頭へ