廃車は抹消登録と理解しましょう

「車を廃車にする」とよく言っていますが、正しく言うならば、これは廃車ではなく「抹消登録」となります。
さらに詳しく言うと「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類があり、廃車というのはこの2つの方法の事を言っているのです。
ここで、まずは永久抹消登録ですが、文字通りその車を永久的に二度と使えなくする事です。運輸局の自動車登録ファイルからその車の内容が完全に抹消されてしまいます。 また、永久抹消登録をする場合は車両解体完了後でなければ届出をすることができません。
永久抹消登録を行った車は、その名の通り永久的に日本国内を走る事はできないのです。
車を倉庫や展示品として再利用する場合(もちろん公道は走れませんが)、永久抹消登録が必要です。
軽自動車については、軽自動車検査協会にて「解体届」を提出する必要があります。

 

一時抹消登録は、自動車の使用を一時的に止める事です。
出張や留学など、長期にわたって自動車を運転あるいは使用しないケースでは一時抹消登録を行うと良いです。
登録をすると自動車として公道を走る事ができない部分は永久抹消登録と同様ですが、再登録を行うことで車を再度使用する事ができるのです。

 

これが永久抹消登録との最大の違いで、税金や自賠責保険などを支払う必要がありません。その為に一時抹消登録を利用するケースが多いです。
また軽自動車についてですが、「自動車検査証返納届出」を軽自動車検査協会に提出する必要があります。

 

永久抹消登録をするにも費用がかかります。普通車であれば一万円から一万五千円位の費用がかかります。(買取業者などだと無料でする所もあります。)出費にはなりますが逆に税金がかからなくななることを思えば、車検が1ヵ月以上残っている場合などでも重量税の還付金が得られのでお得になる場合もあるのです。
他にも駐車場代金を支払っている人にとっても、余分な駐車場代金がかからなくなるのでそういった点でもお得になるでしょう。

 

一方一時抹消登録をするときの費用は安くなっています。どのくらい安いのかというと、千円出せばお釣りがくるくらいと考えておいて大丈夫です。一時抹消登録も税金がかからないのがメリットで、解体するのか分からない車の「とりあえず抹消」に向いていると言えます。
必要になったら再登録ができるというのも一時抹消登録のメリットであるのは間違いないです。但し駐車場代金がかかる可能性がありますし、重量税の還付金はありません。

 

再登録の方法ですが、この場合は新規登録となります。ですので車検場で自動車の新規検査を受ける必要があります。
一般的には車検と同じ内容です。普通自動車は運輸支局、軽自動車なら軽自動車検査協会の事務所に車を持って行きます。検査合格後に手続き終了となります。そのときの費用は四千円位となります。
永久抹消登録と一時抹消登録、どちらを選ぶか迷っ ているときは、一時抹消登録で疑いはないのですが、はっきりしている場合はいずれかのメリットをしっかりと頭に入れて決めるようにしましょう。