MENU

査定前の煙草の臭い取りや内外装の清掃は必要か?

中古車の購入の際に多くの人が気になるのが車内の臭いだそうです。
業者側も売りに出す際に綺麗に車内の清掃をして、かつ消臭も行っていることと思います。
しかし、前のオーナーが車内でタバコを吸っていると、その臭いは二度と消えることはありません。
ニコチンなどのヤニは薄く広がって車内全体を覆っています。
タバコを吸っていない人はタバコの臭いというものにとても敏感に反応しますから、前のオーナーが車内でタバコを吸っていたということはたちまちわかってしまうものなのです。
また、車内でよく飲食をしていたような場合は、車もそのような臭いが残っているものでしょう。
ですから、車内でタバコを吸っていた、またはよく飲食をしていたという車を買取査定に出す場合は、車の臭いを極力取っておかなくてはいけません。恐らくタバコの臭いは完全に消臭することはできないでしょう。
それでも何もしないよりはましです。
消臭スプレーは付け焼き刃的なものですが、現在は多くの消臭剤が売られています。
カーシート用などもありますし、いろいろな消臭剤を試してみて嫌な臭いを消すことを心がけるのもいいでしょう。
いずれにしても車の臭いは取っておいて損になることは絶対にありません。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車にならない為の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

このページの先頭へ