MENU

ロータリーエンジンの特徴は?

私たちが一般的に利用している自動車に搭載されているエンジンは、ほとんどがレシプロエンジンと呼ばれるタイプのもので、レシプロエンジンもロータリーエンジンも基本的な役割や動力を作り指すということは同じです。

 

ではこの2つのエンジンの何が違うのかというと、エンジンのサイクルを行うパーツに大きな違いがあります。

 

ロータリーエンジンとは、往復同機構による容積変化を利用した一般的なレシプロエンジンとは違い、エンジン本体に往復運動部は無く、回転運動による容積変化を利用し、発生した熱エネルギーを回転動力に変換して出力をする原動機のことを指しています。

 

エキセントリックシャフトと呼ばれる中心に三角形のローターが組み合わさって出来ており、動作は、三角形によって区切られる3つの空間で吸気→圧縮→膨張→排気のオットーサイクルが同時に進行して行われています。

 

つまり、ロータリーエンジンが1回転で得ることの出来るエネルギーはレシプロエンジンの3倍にもなるということです。

 

また、ロータリーエンジンの吸気および排気のポートは、ハウジングの内側に設けられた孔がローター自体により開閉されるため、往復動するバルブや開閉するカムシャフトといった動弁系は必要ないという特徴を持ちます。

 

そのためレシプロエンジンよりも非常にコンパクトなエンジンとなっています。

 

 

主な部品と役割

ハウジング

レシプロエンジンのシリンダーに相当する部品で、要は外壁のようなものです。

 

吸排気を行う穴が開いています。

 

 

ローター

燃焼の力でハウジング内を回転する部品です。

 

 

エキセントリックシャフト

回転動力がエキセントリックシャフトに伝わることで、軸出力として駆動輪に伝えられます。

 

 

アスペックシール

ローターの頂点に取り付けられ、内壁に添って動きます。

 

隙間をなくし、圧縮した空気の漏れを防ぐ役割をしています。

 

 

ロータリーエンジンは生産中止の理由は

ロータリーエンジンが搭載されている車両は現在生産中止となっています。

 

その理由にはいくつかの問題があるようですが、やはり一番にあげられるのが燃費の悪さです。

 

近年では車のエンジンや音、重量感など細部にこだわりを持つ人が減り、低燃費で環境への配慮が行き届いた車の需要が増えています。

 

進歩し続ける車社会は、今や電気自動車へシフトチェンジしようとしているくらいです。

 

需要が低い分、生産は行われません。

 

また、自動車税が高いという点や、エンジンのメンテナンスが非常に難しいという点も生産中止になった理由と考えられています。

 

 

様々な用途で使用されてきたロータリーエンジン

ロータリーエンジンは、自動車・オートバイ・航空機・船舶・汎用動力・小型発電機と様々な用途で使用されています。

 

自動車用としてはNSUヴァンケルタイプが唯一実用化されており、シトロエンなどが生産モデルに搭載していますが、1970年以降も資本主義社会で量産を続けているのはマツダのみとなっています。

 

マツダは市販車両で2ローターと3ローターを投入しており、レースでは4ローターまでのエンジンを手掛けています。

 

2002年に排ガス規制をうけ、唯一のロータリーエンジン搭載市販車RX-7の生産を停止していますが、燃費を改善してRX-8を発売。

 

その後も東京モーターショーでロータリーエンジン搭載車を展示しました。

 

しかし2012年6月、RX-8の生産が終了したと同時に市販車からはロータリーエンジン搭載車は消滅してしまいます。

 

オートバイでは、1974年ドイツのDKWが世界初のロータリーエンジン搭載オートバイを販売しています。

 

1975年にはスズキが単独でロータリーエンジン搭載のRE-5(輸出専用)を約6,000台販売するも、オイルショックと重なり生産は終了しています。

 

航空機では、大手グライダー製造メーカーであるドイツのアレキサンダー・シュライハー社はロータリーエンジン使ったグライダーを製造しています。

 

また模型飛行機にもロータリーエンジンを搭載しているものがあり、現在でも入手可能なものがあるようです。

 

船舶では、モーターボート、船舶用船外機に。

 

汎用動力としては、チェーンソーにも使用が検討されたこともあったようです。

 

また近年では分散型の熱電供給システムであるコジュネレーションシステムの原動力としてロータリエンジンが注目を浴びており、広島では2012年からロータリーエンジンを組み込んだ発電装置を稼働させています。

 

 

ロータリーエンジンのメリットは?

軽量でコンパクト

レシプロエンジンと比較して、冷却装置を考慮しても軽量でコンパクトという特徴があります。

 

そのためエンジン搭載箇所を自由に決めることが出来る他、レイアウトにこだわらなくても均等な前後重量配分にさえ気をつければスポーツカーを軽量・コンパクトに仕上げることが出来ます。

 

 

出力の高さ

エンジンの構造上、ローターの回転力は直接出力軸に対して伝わるため、パワーロスが少なくなります。

 

また出力軸が1回転するごとに燃焼回数が2倍の回数となるため出力が高くなります。

 

 

騒音・振動が少ない

ロータリーエンジンは、ローターがぐるぐる回るという動作を行うため、ピストン運動を行うレシプロエンジンよりも振動や音が静かという特徴を持ちます。

 

 

エンジン回転がなめらか

同じ回転数でも1サイクルの時間が1.5倍となるため、燃焼回数を増やすことが出来ると同時にトルク変動は小さくなる特徴があるため、エンジンの回転がなめらかです。

 

 

部品が少ない

レシプロエンジンのように動弁系が必要ないため、エンジン本体の部品点検が簡単に済みます。

 

またバルブ駆動によって引き起る摩擦損失の心配もいりません。

 

 

ガソリンの燃焼温度が低い

ロータリーエンジンは燃焼温度が低いという特徴を持ちます。

 

燃焼温度が低いため、ノッキングやガソリンの自己着火が起こりにくくなります。

 

また燃料の種類の影響を受けにくいため、ある程度粗悪な燃料でも耐えることが出来ます。

 

さらに、排ガス中の窒素酸化物濃度も低くなります。

 

この窒素酸化物は高温燃焼下で発生しやすいためロータリーエンジンでは発生しにくいというメリットがあります。

 

 

ロータリーエンジンのデメリットは?

燃費が悪い

ロータリーエンジンは燃焼室の面積が大きいため、燃焼によってつくられた熱エネルギーが余分な熱として放出されてしまい、結果運動エネルギーに変換しづらい構造となっています。

 

また、レシプロエンジンと比較すると圧縮比が低くなるためトルクを得るためにエンジンの回転数で補う必要があります。

 

そのため燃費が悪くなってしまいます。

 

 

冷却損失が大きい

ロータリーエンジンは燃焼室の表面積が大きく、かつローターの回転に伴い燃焼室が移動するため冷却損失が大きくなる特徴があります。

 

 

トルクレスポンスが劣る

低回転域の燃焼安定性・熱効率が劣るため、トルクレスポンスが同出力のレシプロエンジンに比べると劣ってしまいます。

 

街中でゆっくり走る際は、燃料及びトルク面で大変不利になります。

 

 

排気の騒音が大きく温度も高い

ロータリーエンジンには排気バルブがないため、排気ポートが調整されることなく急激に開きます。

 

そのため、排気騒音が大きくなり温度も高くなってしまいます。

 

 

排ガスに濃度の高い炭化水素が含まれる

燃焼室が縦長で、吸気ポート側の隅部の燃焼が不完全となるケースが多いため、未燃焼燃料の炭化水素(HC)濃度の高い排気ガスが含まれてしまいます。

 

 

シールに関する不具合

シールの総延長が長いことから、摩擦損失が大きくなります。

 

また、各シールにかかる負担方向・動きの速度が常に変動するため、シーリングの確実性や耐久性の確保が非常に困難となってしまいます。

 

 

オイルの消費量が多い

ロータリーエンジンは、ローターハウジング内にもエンジンオイルが必要な構造となっており、トロコイド面の潤滑のために作動室内へのオイル供給が必要となります。

 

そのためオイルの消費量が多くなってしまいます。

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車関連の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

廃車買取の口コミ

このページの先頭へ