MENU

走行距離が10万キロを超えたら廃車になる?

車の走行距離が10万キロを超えてくると、そろそろ別の車に買い替えた方がいいのか、まだ買い替えしたくないけどまだ走れるだろうかと心配を抱えるようになってきます。

 

ここでは10万キロを超えた車にまつわる様々な疑問について解説しています。

 

 

10万キロを超えた車は廃車にした方がいいの?

ずっと車に乗っていて、そろそろもう乗れないだろうとされる一般的な目安が10万キロとされています。

 

なぜ10万キロが目安かという明確な理由はないのですが、多くの人たちの認識の中にこの数字があります。

 

日本では10万キロというと、長年走ったくたびれた車、壊れる前、古い車というように思われがちですが、海外では10万キロオーバーの車はとても多く、当たり前のように走っています。

 

中には30万キロを超えている車もあり、古さを感じるものの自動車としての機能は働いています。

 

海外で走行距離10万キロというのは相当走ってるという感覚はなく、まだまだ乗れるという認識でしかありません。

 

10万キロを超えた車でも廃車にすることなく乗り続けることが可能です。

 

しかし10万キロ走った車はあちこちが痛んでいることが多く、それなりにメンテナンスが必要となります。

 

車や故障個所によってはメンテナンス費用が高くつくため、買い替えた方が安いということもあるでしょう。

 

また定期的なメンテナンスをすることで性能的には問題なくても、車のデザインが今の流行からそれていたり、塗装や細かい傷などが目立ち見栄えがよくないという理由から買い替えを望む人が多いのも事実です。

 

長年古い車、同じ車に乗り続けていると、車を買い替える余裕がない人、裕福でない人と思われるのが嫌という人もいるでしょう。

 

しかし車はきちんと走ればいい、古い車に乗っていても恥ずかしくない、愛着のある車という人は正しくメンテナンスすれば10万キロを超えても廃車にせずとも乗り続けることが可能です。

 

そのため10万キロというのはひとつの目安にすぎず、自分の考えによって廃車にしてもしなくてもいいと言えるでしょう。

 

 

10万キロを超えた車でも値段が付いて売る事は出来る?

車を買い取りに出そうと査定をしてもらう場合、車種、グレード、年式、人気度、事故歴、傷や汚れなど様々な査定項目がありますが、走行距離が多い車より少ない車の方が査定価格が高いというのは間違いありません。

 

走行距離が10万キロを超えると買い取ってもらえないと思っている人もいるようですが、10万キロを超えた車でも買い取ってもらうことはできます。

 

人気のある車種や多少古くても需要のある車種、走行距離は多いけれども車の状態がいいという場合は、それなりにいい値段がつくことがあります。

 

走行距離は査定に大きく影響してきますが、ただ単に走行距離だけでは車の価値は測れません。

 

3年で10万キロを超えた車も普通に売ることができます。

 

10年以上かけて10万キロを超え、車体はボロボロ、中も汚れているという車でも、人気があったりまだまだ需要があるという場合は万単位で売れることもあります。

 

また車としての価値はないけれども、部品が欲しいという理由で買い取ってもらえることもあるのです。

 

そのため10万キロを超えたら価値がなくなるということではありません。

 

 

10万キロの車に必要なメンテナンスとは?

車の走行距離が10万キロを超えると様々な部品が摩耗したり古くなったりしてメンテナンスや交換などが必要となってきます。

 

中でも10万キロを目安に交換するとされているものにタイミングベルトがあります。

 

タイミングベルトとはエンジンの排気と吸気のタイミングを調整している部品のことで、車の安全にとってとても重要です。

 

走行中にタイミングベルトが切れると他の部品も壊れるため修理に20〜40万円ほどかかってしまうだけでなく、大事故につながる恐れがあり大変危険です。

 

タイミングベルトは10万キロを目安にとされていますが、実際はそれ以下でも切れてしまったということがよく起きているようです。

 

 

10万キロの車に必要なメンテナンスはタイミングベルトの他にも、バッテリーやプラグ、エンジンマウント、燃料フィルター、ウォーターポンプなど様々な個所の修理や交換が必要となってきます。

 

 

10万キロ以上走っている車でも普通に乗る事は出来るの?

車のメンテナンスには定期的に交換や点検が必要なものから、走行距離や年数に応じて交換、修理、点検が必要なものとがあります。

 

海外で走っている車は数十年前に日本で製造された車も多く、メンテナンスをしながらまだまだ現役で活躍しています。

 

車業界も時代とともに新しい技術の導入や進化を遂げていっているため、昔の車よりも今の車の方が性能や燃費、様々な面でよくなっています。

 

車を購入してから何のメンテナンスもしなければ、すぐ故障したり性能を最大に発揮できず、寿命は短くなってしまいます。

 

しかし定期的にきちんとメンテナンスを行っていれば、10万キロ以上走っていても何の問題もなく普通に乗ることが可能です。

 

ただし車の運転の仕方が雑で乱暴だと、修理が必要となるまでの期間が短くなります。

 

大切に車に乗っていると20万キロ以上走ってもまだまだ乗ることができます。

 

 

10万キロを超えた車を購入する時の注意するポイントは?

中古車をみていると10万キロを超えた車がたくさん販売されています。

 

車は10万キロを超えても問題なく走ることができますが、販売前どのようなオーナーでどのようにメンテナンスされてきた車かは分かりません。

 

雑に扱われてきた車だと購入後、すぐに故障して修理しなくてはいけないという可能性があります。

 

10万キロを超えた車を購入する時、どのようなところに注意すればいいのでしょうか。

 

 

1.タイミングベルト交換の有無

タイミングベルトの交換費用は少し高くなります。

 

タイミングベルトが交換されていなかったら、車の購入後に自分でタイミングベルトの交換に出す必要があり、その分の費用が後でかかってきます。

 

今はタイミングベルトを使わない車も出ていますので、そういう車種を選んで購入するのもいいかもしれません。

 

 

2.メンテナンスがきちんとされていたか

販売前に車がきちんとメンテナンスされていたかどうか車屋さんが分かる範囲で教えてもらいましょう。

 

定期的に点検や修理、部品の交換がなされていたら購入後も大きなトラブルに遭うことなく快適に乗ることができそうですが、ほとんど点検がされていなかったり、あまり乗らずに放置されていたりした場合、購入後に様々なメンテナンスが必要となる可能性があります。

 

 

3.年式

走行距離が10万キロといっても3年で10万キロか、10年で10万キロかでは車の傷み具合は異なります。

 

年式が古い車よりは新しい車の方が状態がいい傾向にありますが、値段も新しい方が高くなります。

 

とにかく今安ければいいということであれば古い年式の車を選ぶという考え方もできますが、できるだけ長く乗りたいという考えであればできるだけ年式が新しい車の方がいいと言えます。

 

年式が古く、13年経った車は自動車税が高くなります。

 

排気量が高くなるにつれて自動車税も高くなります。

 

 

4.事故車でないか

これは10万キロを超えているかどうかに関わらず必要なチェック項目のひとつですが、極端に安くなくても事故車ということもあります。

 

人身事故を起こしていると不吉、縁起が悪いというだけでなく、事故を起こした車というのは見た目では分からなくても内部にダメージを負っていることがあります。

 

そのためできるだけ事故車は買わない方がいいでしょう。

 

 

5.リコール対象でないかチェック

リコールと言っても大小さまざまで、車を構成するパーツはものすごく多く、小さいものは相当数のリコールが行われています。

 

事故に直結するような大きなリコールでなくても、できるだけリコール対象でない車を選びたいものです。

 

販売されている車がリコール対象となっていないか、購入前には必ずメーカーサイトでチェックをするようにしましょう。

 

 

6.購入後のアフターサービス

中古車を購入する時に大切なのが、購入後のアフターサービスが受けられるかどうかです。

 

購入から3ヶ月以内のトラブルや故障はお店が面倒みますというようなサービスです。

 

とにかく安いと安さを前面に出しているお店はアフターサービスがついていないことがあり、故障個所や問題点を誠実に提示していないお店も少なくありません。

 

購入した後はお店は何も責任を負わないというスタンスです。

 

安さにつられて買いたくなりますが、本当に大丈夫でしょうか。

 

アフターサービスの有無はお店選びの重要なポイントのひとつです。

 

購入した車が問題なく使えるかは、走行距離や年式、車の見た目などからは分かりません。

 

購入してからもきちんとお店がフォローしますというサービスがついているお店から購入するようにしましょう。

 

廃車関連

買取査定関連

廃車買取の人気サイト

多走行でも売れる廃車

廃車手続きについて

税金・保険の還付について

廃車関連の豆知識

東京都の陸運局(支局)

神奈川の陸運局(支局)

廃車買取の口コミ

このページの先頭へ